5G対応おすすめWiMAXプロバイダについて見る>>

WiMAXで口座振替対応プロバイダ3社を徹底比較!最もお得に契約できるのはコレ

  • URLをコピーしました!

口座振替対応のWiMAXをお探しでしょうか?

やはり諸所の事情でクレジットカード支払いができない場合、口座振替に対応していないとせっかく希望するサービスも利用できません。

また、WiMAXだけに限らず、ポケット型WiFi業界全体として見ても「口座振替対応サービス」は非常に少なくなっています。

WiMAXは本家UQWiMAXの他に〇〇 WiMAXというサービスが10社以上存在しますが、「口座振込に対応しているWiMAXプロバイダ」は下記の3社しかありません。

口座振替対応WiMAX+5G
  • BIGLOBE WiMAX|安さ◎最低利用期間1年で解約可能
  • UQ WiMAX|本家公式のため安心感あり
  • Broad WiMAX|キャンペーン適用対象外となるためクレジットカードの方がお得

本記事では口座振替対応のWiMAX+5Gで最もお得に利用できるプロバイダと、契約時の注意点や契約時の口座振替選択方法について解説していきます。

WiMAX2+の申込みを考えている方はWiMAX+5Gの利用をご検討ください

WiMAX2+に関しては、2022年秋から周波数帯の一部を5Gに切り替える関係上、最大速度が440Mbpsから220Mbpsへ引き下げられる予定となっています。

すでにWiMAXプロバイダでもWiMAX2+の新規申し込みを終了しているところも出てきているため、これからWiMAXの契約を検討される方はWiMAX+5Gの申込がオススメです。

2021年12月からはUQモバイル・auとのセット割に対応、2022年2月1日からは直近3日間の合計パケット通信量超過による速度制限が撤廃されたためさらに使いやすくなりました。

この記事の執筆・監修者

河村亮介(カワムラリョウスケ)

ポケットWiFi比較・通信費節約専門家

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイルルーター選びの専門家。UQ WiMAX公式サイトでの記事執筆経験他、複数の法人メディアでのサイトディレクションや執筆監修も担当。利用者のニーズに沿ったサービス提案が得意。通信費用の削減・節約を進めたい。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

目次(見たいところをタップ)

口座振替対応プロバイダは3社|おすすめはBIGLOBE WiMAX

口座振替対応のWiMAXプロバイダは下記の3社になります。

口座振替対応WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX|安い
  • UQ WiMAX|本家公式のため安心感あり
  • Broad WiMAX|クレジットカードの方がお得で銀行引き落としはおすすめしない

この中で最もお得に利用できるプロバイダは「BIGLOBE WiMAX +5G 」です。

BIGLOBE WiMAXおすすめポイント
  • 初期費用が他社よりも安く一時負担額が少ない
  • 契約期間なし
  • 口座振替手続きがかんたん
  • 回線開通翌月に5,000円(不課税)キャッシュバック(執筆時点)

\申し込みはこちら/
BIGLOBE WiMAX +5G

河村

これだけでは分かりにくいと思うので、注目するポイントについて一緒に確認していきましょう。

WiMAXで口座振替を利用する際の注意点

結論として、口座振替で最もおすすめなのはBIGLOBE WiMAX+5Gと伝えましたが、もう少し詳しく「口座振替のWiMAXを契約する際に確認すべきポイント」について見ていきましょう。

WiMAXで口座振替を選択する際の注意点
  • 利用できるプロバイダが少ない
  • 支払い方法に口座振替を選択すると手数料がかかるケースあり
  • 審査期間中は利用開始できない
  • 口座振替を選択した場合、別途用紙の記入や電話が必要なケースあり
  • 口座振替選択でキャンペーンが適用されないケースあり
  • 未成年は契約ができない可能性

利用できるプロバイダが少ない

日本国内には10社以上のWiMAXプロバイダが存在します。

WiMAX+5Gを提供しているプロバイダ
  1. UQ WiMAX
  2. GMOとくとくBB
  3. BIGLOBE WiMAX
  4. カシモWiMAX
  5. BroadWiMAX
  6. hi-ho WiMAX
  7. Vision WiMAX
  8. YAMADA WiMAX
  9. BIC WiMAX
  10. KT WiMAX など

支払い方法に「クレジットカード」ではなく「口座振替」に対応しているプロバイダはマーカーで記したここで紹介する中では3社しかありません。

よって、必然的に選べるプロバイダが少なくなってしまいます。

河村

特別な理由がない限り、WiMAXはクレジットカード支払いにした方が絶対お得です。
「なんとなく口座振込」を選択している場合はぜひクレジットカード支払いを検討してください。

おすすめのWiMAXプロバイダを見る▷▷

支払い方法に口座振替を選択すると手数料がかかるケースあり

口座振替対応のWiMAX提供3社のうち、口座振替を選択すると別途「手数料」が発生するプロバイダは下記の2社です。

  • BIGLOBE WiMAX
  • BroadWiMAX

BIGLOBE WiMAXの口座振替手数料について

BIGLOBE WiMAXでは、支払い方法に口座振替を選択した時に下記の手数料が追加で発生します。

  • 口座振替手数料:220円(税込)/月

加えて、端末の分割払いが自動的に選択できなくなり、申し込みと同時に強制的に端末代金の一括支払い及び代金引換が選択されてしまいます。

代引き手数料の440円(税込)は利用者負担となるため、初期費用として下記の料金がかかります。

  • WiMAX本体料金(代引払い):21,912円(税込)
  • 代引き手数料:440円(税込)
  • 契約事務手数料(口座振替):3,300円
  • 契約月費用:無料
河村

端末代金が月々の費用に乗ってこない分、月額費用は安価になりますが一時的な出費が大きくなります。

BroadWiMAXの口座振替時の手数料について

BroadWiMAXでは、支払い方法に口座振替を選択した時には「振込手数料」220円(税込)/月に加えて下記費用が請求されます。

  • 口座振替手数料:220円(税込)/月
  • 初期費用:20,473円(税込)

この初期費用は「クレジットカード払い」を選択して且つ、「指定オプション2種」を選択して申し込むと「無料」になるため、実質的な口座振替選択時の手数料と言えます。

加えて、BIGLOBE WiMAX同様に端末の分割払いが自動的に選択できなくなり、申し込みと同時に強制的に代金一括支払いかつ代金引換となります。

代引き手数料の440円(税込)は利用者負担となるため、初期費用として下記の料金がかかります。

  • WiMAX本体料金(代引払い):21,780円(税込)
  • 代引き手数料:440円(税込)
  • 契約事務手数料(口座振替):3,300円
  • 契約月費用:日割り計算

→ここに初期費用の20,743円(税込)が加わると初月費用は4万円以上

河村

このように初月に4万円以上の出費となるため、事実上BroadWiMAXで口座振替を選択することは現実的ではありません。

口座振替審査期間中はサービス利用が可能性も

支払い方法に口座振替を選択した場合、申込み後に契約にあたっての審査があります。

審査期間については明示されていませんが、2週間から1ヶ月程度かかるケースもあるようですので、審査終了までは待つ必要があります。

審査期間中はコンビニ支払い用紙が送付され、審査完了まではそちらを利用して支払いを行うケースもあるようです。

口座振替選択時は別途申し込み用紙記入や電話が必要なケースも

口座振替を選択した場合、WEBだけで申し込みが完結せず、別途用紙の記入が必要となっています。

また、BroadWiMAXに関しては用紙記入の前に「オペレーターに電話」する必要があるため、初期費用が高額となる点を考えても実質的に口座振替は選択できないような仕様になっていると言っても過言ではないでしょう。

口座振替選択でキャンペーンが適用されないケースあり

BroadWiMAXにおいては、初期費用が20,743円(税込)と高額となっており、クレジットカード払い+契約時にオプションを2種つけることで「WEB割キャンペーン」が適用となり、初期費用が無料となります。

一方で、口座振替を選択した場合、初期費用無料キャンペーンが適用されなくなるため、契約初月の請求金額が4万円以上となります。

河村

Broad WiMAXに関しては他社インターネットサービスから乗り換えた場合、最大19,000円までキャッシュバックが魅力ですが、クレジットカード払いが必須条件となっているため注意が必要です。(その他、安心サポートプラス、MyBroadサポートの初回加入が条件)

みんなの声

その点、BIGLOBE WiMAX +5G は口座振替でもちゃんとキャッシュバックも受け取れるのね!

未成年は契約ができない可能性あり

WiMAXプロバイダによっては口座振替のみならず、クレジットカードを選択した場合でも申込者が未成年の場合は申し込めないケースがあります。

親権者同意書を提出すれば申し込める場合もありますが、親権者名義で契約、引き落とし口座も親権者名義のものを使用した方が申込事態もスムーズに進む場合もありますのでご検討ください。

口座振替でWiMAXを契約する流れや手順を紹介

ここでは「BIGLOBE WiMAX」を例に挙げて、申し込み時に口座振替を選択する方法を紹介していきます。

申し込みサイトにアクセスする

下記申し込みサイトにアクセスし、右上にある「お申し込み」ボタンをタップしましょう。

【公式】BIGLOBE WiMAX +5G

支払い方法選択画面で「口座振替」を選択する

プランや端末などを選択したら次ページに進み、ページ中程にある「お支払い方法の選択」項目で「口座振替」を選択しましょう。

口座振替指定に必要な書類を送る

申し込み完了後、「BIGLOBE会員証」とともに「支払い方法登録申請書」が登録した住所に届きます。

必要事項に記入し、10日以内に返送しましょう。

口座振替登録が完了すると、端末、クレードル、ACアダプタ、USBケーブルが発送されます。

WiMAXを口座振替での申し込む方法|必要書類や利用までにかかる日数は?

ここまでに紹介してきた「口座振替(銀行引き落とし)対応」のWiMAXプロバイダの申し込み方法についての概要を紹介していきましょう。

UQ WiMAX口座振替詳細

口座振替指定方法について

まずは公式申し込みサイトへアクセスして必要情報を記入→最後のページで支払い方法の選択画面が出現します。

【申し込みサイト】UQ WiMAX

方法①|my UQ WiMAXから、インターネットで口座振替申込手続きが行えます。(下記の金融機関はインターネットで口座振替申込手続きが可能)

UQWiMAXで口座振替をWEB申込で指定する方法はこちらからご覧ください。

  • 都市銀行(三菱UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行)
  • ゆうちょ銀行
  • 地方銀行の一部
  • 一部を除く信用金庫
河村

UQ WiMAXはWEBフォームから口座振替指定を行った方が簡単です。印刷の手間や捺印、郵送が不要ですのでこちらを活用しましょう。

方法②|預金口座振替依頼書をダウンロードして印刷し必要事項を記入し捺印します。

上記資料に記載してある必要書類(免許証などの本人確認書類)を同封の上下記まで送付する。

UQコミュニケーションズ株式会社登録センター(PDF)

商品代金の支払いについては、代金引換で支払いが可能です。※代引き手数料440円(税込)はユーザー負担

BIGLOBE WiMAX口座振替詳細

Webフォーム申し込み画面で口座振替を指定

→申し込み完了後に送付される会員証に「支払い方法登録申込書」が同梱されているので必要事項を記入し10日以内に返送する

※端末、クレードル、ACアダプタ、USBケーブルは支払い方法の登録が完了した後に発送されます。

口座振替手数料:220円(税込)/月

端末支払いは代金引換にて一括支払いのみ。※代引き手数料440円(税込)はユーザー負担

Broad WiMAX口座振替詳細

申し込み画面で口座振替を指定

またクレジットカード払い+2種のオプションを同時に申し込まないと初期費用20,743円(税込)が無料とならないため、実質的には口座振替を選択するメリットはない

→2022年7月1日以降、WEB割キャンペーン適用で24ヶ月以内に解約した際に請求されるキャンペーン違約金(10,450円(税込))は廃止されました。(旧プランは除く)

WiMAXの口座振替で必要な書類

WiMAXの口座振替手続きには、必ず「本人確認書類」が必要です。

本人確認書類は下記のような「顔写真付き」のものがあれば確実ですので準備しましょう。

本人確認書類の例
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

など

BIGLOBE WiMAXUQ WiMAXBroad WiMAX
提出書類・支払方法登録申請書・預金口座振替依頼書
・本人確認書類のコピー
・申込書
・本人確認書類のコピー
未成年者の場合保護者の同意書親権者同意書両親の同意書

口座振替で選択可能な金融機関(銀行など)について

WiMAX口座振替を支払い方法として選択する場合、ほとんどの金融機関を指定することが可能です。

UQ WiMAXの銀行引き落とし対応口座についてはこちらからご確認いただけす。

主要都市銀行をはじめ、ゆうちょ銀行やインターネットバンク、地方銀行も選択することができます。

河村

ただし、対応していないケースも稀にありますのでまずは申込画面で対応しているか確認、もしくは契約前にプロバイダへ問い合わせてみましょう。

口座振替にかかる審査について

WiMAXの支払い方法を口座振替にした場合、クレジットカード払い同様に「審査」が必要です。

審査に関しての内容は公開されていませんが、提出された指定口座と本人確認書類に相違がないかを確認するものと思われます。

審査が完了するまでは口座振替が利用できない点については注意しましょう。

口座振替審査期間中は契約先住所に請求書が届きますので、コンビニなどで支払いを行なってください。

なお審査にかかる期間についてはUQ WiMAXの場合は1ー2ヶ月程度、他のプロバイダでは2日から2週間程度と言われています。

WiMAXの口座振替での支払日について

紹介してきた3社の口座振替支払日は下記の通りです。

WiMAXプロバイダ口座振替支払日
BIGLOBE WiMAX毎月26日
UQ WiMAX毎月26日
Broad WiMAX毎月27日
河村

引き落とし日についてはどこも月末となっていますので、遅くとも毎月25日までには口座に引き落とし残高があるようにしましょう。

まとめ

以上、WiMAXで口座振替に対応しているプロバイダについてと、その申し込み方法や注意点などを解説してきました。

おすすめ口座振替対応WiMAX

▷▷BIGLOBE WiMAX +5G

おすすめポイント

  • 費用が他社よりも安い
  • 契約期間なし
  • 口座振替手続きがかんたん
  • 回線開通翌月に5,000円(不課税)キャッシュバック(執筆時点)

残念ながらBroadWiMAXは口座振替を申し込むためには、電話をかける必要があったりそもそもの初期費用が高額すぎるため決しておすすめできません。

口座振替を選択するのであれば、実質月額が本家UQWiMAXよりも安価となっているBIGLOBE WiMAXが良いでしょう。

\申し込みはこちら/
BIGLOBE WiMAX +5G

河村

WiMAXはクレジットカード払いの方がお得ですので、口座振替じゃなくてもいい人はぜひ下記記事も参考にしてください!

WiMAXの支払いについてよくある質問

WiMAXの支払い方法について、クレジットカードや口座振替以外にもデビットカードは使用できますか?

WiMAXの支払い方法でデビットカードが使用できるところは私の知る限りありません。

WiMAXの支払いに口座振替を指定しました。即日審査結果を知ることは出来ますか?

審査結果が判明するのには少なくとも2日以上(UQ WiMAXでは1ー2ヶ月程度)かかることが予想されますので、即日審査結果を知ることは難しいでしょう。審査中の支払いは送付された請求書を用いてコンビニなどでお支払いが必要です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

河村亮介のアバター 河村亮介 ポケットWIFI比較専門家

モバイルルーター比較専門家。キャリア・格安スマホに関する知識をはじめ、モバイルWi-Fiルーターや固定回線など通信関連全般に精通し、UQ WiMAX公式メディアへの寄稿など幅広いメディアでの執筆監修を手掛ける。GreenEchoesStudio代表/回線系比較サイトGreenWaves運営。
(著者プロフィールは下記リンクからご覧いただけます)

目次(見たいところをタップ)