5G対応おすすめWiMAXプロバイダについて見る>>

法人向けのおすすめWiMAXプロバイダーはどこ?選び方のポイントについても解説

  • URLをコピーしました!

法人向けWiMAXプロバイダーをお探しでしょうか?

現在主流となっているWiMAXは「WiMAX +5G」となっており、旧WiMAX 2+と比較すると直近3日間の合計パケット通信量超過による通信速度制限が撤廃されたことが最も大きな変化でしょう。

加えて、標準でau 4G LTE回線が利用できるようになったことで、屋内での電波状況も劇的に改善しました。

法人での利用ニーズでは、一台の端末を複数人で利用することも想定されるため、既存のポケット型Wi-Fiでは月末になると容量不足による通信速度制限が問題となっている事業者様も多いことでしょう。

その点、WiMAX +5Gなら、実質パケット無制限感覚で利用できるため、月末の速度制限に悩まされる必要もありません。

まさにWiMAX +5Gは法人向けポケット型Wi-Fiの最適解と言えます。

ただし、WiMAXはさまざまな事業者からリリースされているため、プランなどを吟味して慎重に選ぶ必要があるのです。

本記事では、法人向けWiMAXの選び方と、おすすめWiMAXプロバイダーについて解説してきます。

ぜひ最後までご覧ください。

法人向けサービスを選ぶときのポイント

法人契約のWiMAXプロバイダーを選ぶ際は「相見積もり」が基本です。

ほとんどのWiMAXプロバイダーは、月額料金等の情報を開示しておらず、「情報開示請求」をすることで初めて詳細が判明するケースが多くあります。

よって、比較検討を行うには、まずは「見積もり」を依頼するのが良いでしょう。

河村

担当者との交渉次第では安価になる可能性が十分に考えられます。
複数サービスの見積もりを吟味して貴社にぴったりのサービスを選んでください。

ポケット型Wi-Fiの乗り換えを検討している法人様はこちら▷▷

この記事の執筆・監修者

河村亮介(カワムラリョウスケ)

ポケットWiFi比較・通信費節約専門家

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイルルーター選びの専門家。UQ WiMAX公式サイトでの記事執筆経験他、複数の法人メディアでのサイトディレクションや執筆監修も担当。利用者のニーズに沿ったサービス提案が得意。通信費用の削減・節約を進めたい。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

目次(見たいところをタップ)

法人専用WiMAXを契約するメリット

冒頭でも触れましたが、会社用のポケット型Wi-Fiとして、WiMAXを選ぶメリットは6つあります。

順に紹介していきましょう。

法人向けWiMAXを選ぶメリット
  1. 実質パケット無制限感覚で利用可能
  2. 利用可能エリアが広く屋内でも快適に利用可能
  3. 工事不要で高速インターネット回線が利用可能
  4. 端末が小さく場所を取らない
  5. 営業先や出張先でもインターネット利用ができる
  6. ホームルーター(置くだけWi-Fi)の法人契約レンタルも選べる

1.実質パケット無制限感覚で利用可能

法人向けWiMAXを選ぶメリットとしてもっとも大きいのが「実質パケット無制限感覚」で利用できるということでしょう。

WiMAXとい言えば、それまでは「WiMAX 2+」を指し、直近3日間で10GB以上利用すると、翌日の18時から26時までの間に最大1Mbpsの通信速度制限がかかっていました。

河村

法人利用の場合は日中の時間帯での利用が多いため、制限対象外時間で利用できていたためそれほど気にならなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

WiMAX +5Gでは「直近3日間の合計通信量超過による通信速度制限」は撤廃されたため、実質的にパケット無制限のような感覚*利用できるサービスに生まれ変わったのです。

これでもう、パケット通信量を気にせずに済むでしょう。

※一定期間に大容量通信を行った場合、混雑時間帯のみ通信速度制限の対象となる可能性があります。

2.利用可能エリアが広く屋内でも快適に利用可能

WiMAX +5Gでは、既存のWiMAX 2+回線に加えて、標準でau 5G/au 4G LTE回線が利用できるようになりました。

WiMAX 2+回線よりもカバーエリアが広いau 4G LTE回線が標準で利用できるようになったことで、WiMAX 2+と比較して屋内でのつながりやすさが劇的に改善し、LTEオプションなしでも快適に利用できる範囲が格段に広がったのです。

従来のWiMAX 2+は、屋内でのつながりにくさが大きなデメリットでしたが、WiMAX +5Gではこのデメリットを見事に解消しています。

河村

WiMAX 2+は、回線の特性上、屋内ではつながりにくい電波なのです。

WiMAX +5GWiMAX 2+
屋内でのつながりやすさつながりやすいつながりにくい
対応周波数WiMAX +5GWiMAX 2+
au 5G
(ミリ波)
未対応未対応
au 5G
(sub6)
標準対応未対応
au 5GNR化
(Band1/3)
機種によっては対応
(L12/X11で対応)
未対応
au 5GNR化
(Band18/26)
機種によってはオプション対応
(L12/X11で対応)
未対応
WiMAX 2+NR化
(Band41)
標準対応未対応
au 4G LTE回線
(Band1/3)
標準対応未対応
au 4G LTE回線
(Band18/26)
オプション対応オプション対応
WiMAX 2+回線標準対応標準対応
速度制限一定期間に大容量通信を行なった場合、混雑時間帯のみ速度制限直近3日間で15GB以上利用すると翌日18時から26時まで速度制限

5Gの周波数帯域

ミリ波(SA)28GHz帯の周波数。400MHzの帯域幅で高速・大容量通信が可能。
sub6(SA)3.7/4GHz帯の周波数。それぞれ100MHzの帯域幅で高速・大容量通信が可能。
NR化(NSA)4G LTEの周波数。NR規格を適用して5Gに利用。既存の基地局設備を活用することで、より早く5Gエリア化が可能。

au 5G回線については、まだまだカバーエリアが狭いためその恩恵を受けることは難しいですが、今後のエリア拡大に伴って、WiMAX +5Gはますます便利になっていくでしょう。

3.工事不要で高速インターネット回線が利用可能

WiMAXをはじめ、モバイル回線を利用したインターネット回線の大きなメリットとして、工事不要で即日利用可能ということが挙げられます。

一般的なインターネット回線と聞いてイメージするのは、おそらくは光回線でしょう。

モバイル回線よりも安定した高速通信が可能ですが、持ち運ぶことはできず、利用するには開通工事が必須です。

工事事業者の繁忙状況によっては、工事完了までに1-2か月程度かかることもあるため、すぐにインターネットを利用したい事業者には向きません。

その点、WiMAXでは、端末が届いた当日からインターネット回線を利用できるという利点があります。

4.端末が小さく場所を取らない

WiMAXの端末は、ポケットに入るサイズほどの大きさしかないため、荷物になりません。

WiMAX +5G対応の持ち運びルーターで人気の「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01」は、ほとんど見た目はスマートフォンとなっており、サイズに関してもiPhoneとほぼ同サイズとなっています。

5.通信速度が速く営業先や出張先でも快適にインターネット利用ができる

当然のメリットですが、モバイルルータータイプのWiMAXを持っていけば、出先でも快適にインターネット接続が可能です。

出先のカフェやコワーキングスペースでのWEB会議や、クラウド上にあるデータベース資料を用いて取引先にプレゼンを行うなど、様々な利用方法を可能にします。

しかも、WiMAX +5Gは高速通信が可能となっているため、ストレスなく利用できることでしょう。

参考までに、WiMAX +5Gの実測通信速度を紹介しましょう。

WiMAX +5Gの実測通信速度

スクロールできます
機種名称Speed Wi-Fi 5G X11Galaxy 5G Mobile Wi-FiSCR01Speed Wi-Fi HOME 5G L12Speed Wi-Fi HOME 5G L11
画像
おすすめ!

おすすめ!
実測平均通信速度(下り)*1104.61Mbps61.91Mbps73.84Mbps82.86Mbps
実測平均通信速度(上り)*121.6Mbps

12.85Mbps11.56Mbps11.73Mbps
製造元NECプラットフォームズ株式会社サムスンNECプラットフォームズ株式会社ZTE Corporation
発売日2021年10月15日2021年4月8日2021年11月5日2021年6月4日
最大通信速度
(下り/上り)
2.7Gbps/183Mbps2.2Gbps/183Mbps2.7Gbps/183Mbps2.7Gbps/183Mbps
※1 通信速度はみんなのネット回線速度を参照

このように、下り60Mbps以上、上り10Mbps以上の速度が出るため、出先でのZoomミーティングでも問題なく対応することができます。

6.ホームルーター(置くだけWi-Fi)の法人契約レンタルも選べる

画像引用:法人契約できるポケット型Wi-Fiレンタルおすすめ4選!比較方法や選び方を解説

WiMAXでは、持ち運び可能なモバイルルータータイプ以外にも、ホームルータータイプも選ぶことができます。

ホームルータータイプとは、別名「置くだけWi-Fi」や「挿すだけWi-Fi」とも呼ばれ、コンセントに挿すだけでインターネット利用が可能となる端末のことで、モバイルルータータイプよりも電波の受信感度が良く安定した電源供給がされることから、モバイルルータータイプよりも高速通信が期待できます。

現在、主流となっているホームルーター端末は「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」「Speed Wi-Fi HOME 5G L11」の2機種です。

「WiMAX HOME 02/Speed Wi-Fi HOME L02/Speed Wi-Fi HOME L01s」などの端末は「WiMAX 2+専用」となっており、WiMAX +5Gには対応していないためおすすめしません。

スクロールできます
機種名称Speed Wi-Fi HOME 5G L12Speed Wi-Fi HOME 5G L11WiMAX HOME 02Speed Wi-Fi HOME L02
画像
製造元NECプラットフォームズ株式会社ZTE CorporationNECプラットフォームズ株式会社HUAWEI
発売日2021年11月5日2021年6月4日2020年1月30日2019年1月25日
最大通信速度
(下り/上り)
2.7Gbps/183Mbps2.7Gbps/183Mbps440Mbps/75Mbps1Gbps/75Mbps
連続通信時間
重量約446g約599g約218g約436g
同時接続台数最大40台
(5GHz/2.4GHzで格20台)
最大30台最大20台最大40台
(5GHz/2.4GHzで格20台)
対応無線LAN規格Wi-Fi6対応
IEEE802.11
a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
Wi-Fi6対応
IEEE802.11
a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
Wi-Fi5対応
IEEE802.11
ac/n/a(5GHz帯)
n/g/b(2.4GHz帯)
Wi-Fi5対応
IEEE802.11
ac/n/a(5GHz帯)
n/g/b(2.4GHz帯)
暗号化技術WPA3対応WPA3対応WPA2対応WPA2対応
WiMAX2+
au5G◯(sub6/NR化)◯(sub6)××
au4GLTE
対応通信技術××
本体価格*21,780円(税込)21,780円(税込)21,780円(税込)21,780円(税込)
※価格はUQ WiMAXを参考

法人専用WiMAXを契約する前に気をつけたい注意点

これまでに、WiMAXを法人契約することで得られるメリットについてお伝えしてきました。

しかし、担当者の方が気になっているのは、メリットよりもデメリットのほうではないでしょうか。

ここでは、法人向けWiMAXを契約した際に考えられるデメリットについて紹介していきます。

法人向けWiMAXを選ぶ際の注意点
  1. 完全パケット無制限ではなく速度制限がかかることもある
  2. 同時利用で速度低下の場合がある(ポケット型Wi-Fi・ホームルーター)
  3. 月額料金が他のポケット型Wi-Fiと比較して若干高額
河村

契約後に後悔いないためにもよく確認してください!

1.完全パケット無制限ではなく速度制限がかかることもある

WiMAXは「完全パケット無制限」ではありません。

WiMAX +5G/WiMAX 2+ともに「パケット上限」が存在します。

あくまでもWiMAXは「月間パケット無制限」を謳っているだけで、「短期間の利用」の際には、一定量以上のパケットを消費すると通信速度制限がかかる仕様となっているのです。

ただし、WiMAX +5GとWiMAX 2+とでは、通信速度制限の条件が異なります。

対応周波数WiMAX +5GWiMAX 2+
速度制限一定期間に大容量通信を行なった場合、混雑時間帯のみ速度制限直近3日間で15GB以上利用すると翌日18時から26時まで速度制限
注意点大容量通信の具体的上限は明示されていない朝6時から夕方6時までは直近3日間で10GB以上利用していても速度制限の対象にはならない

このように、速度制限要件を見ると、WiMAX +5Gのほうが緩和されているのがわかります。

ただし、法人利用に関してはビジネスタイムでの利用が大半となっているため、たとえ3日間で10GB以上利用していても速度制限対象時間外となるため気にする必要はないでしょう。

WiMAX +5Gに関しては、大容量通信の定義が明示されていませんが、「ほぼパケット無制限のような感覚」で1日中利用できると考えても差し支えありません。

河村

1日10GB以上、1週間で100GB利用しても速度制限にはなりませんでした。

よって、「実質パケット無制限感覚で利用できるけど万が一速度制限がかかる場合がある」程度の認識で問題ないでしょう。

2.同時利用で速度低下の場合がある(ポケット型Wi-Fi・ホームルーター)

WiMAXの通信速度が光回線と比較するとそこまで高速ではありません。

よって、光回線と同じような感覚で、一つの端末に複数のパソコンを接続して利用するような使い方では、1台当たりの通信速度が低下する可能性があります。

特に、アップロード速度が平均10Mbps程度となっているため、オンライン会議などを1台の端末で行えるのは同時に2人までということは覚えておきましょう。*

Zoom公式サイト「グループチャット」の要件にある推奨通信速度が「下り/上り=3.0Mbps」となっていることを根拠としています。

3.月額料金や初期費用が他のポケット型Wi-Fiと比較して若干高額

やはり企業でWiMAXの契約を考える場合、導入費用と維持費用がもっとも気になることではないでしょうか。

残念ながら、WiMAXはほかのポケット型Wi-Fiと比較すると、導入費用および月額料金(ランニングコスト)は若干高額となっています。

WiMAXの法人向け契約料金は、一般公開されていないため詳細をお話しすることはできませんが、おおよその相場観としては個人向け契約の月額料金と類似している部分が多いです。

参考までに「UQ WiMAX」とポケット型Wi-Fiのレンタルサービス「AiR-WiFi」を比較していきます。(両方個人向け契約の料金を提示しています)

UQ WiMAXAiR-WiFi
月額料金4,950円3,278円〜
契約事務手数料3,300円3,300円
端末費用21,780円(参考価格)0円(無料レンタル)
契約期間なし1年間/なし
導入費用25,080円/台3,300円/台
ランニングコスト4,950円/台3,278円〜/台

※価格はすべて税込

月額料金を抑えたい場合はAiR-WiFi法人契約がおすすめ

画像引用:https://wifi-airwifi.com/biz/
月間データ上限

100GB /月
(らくらくプラン)

月額費用

3,828円(税込)/台〜
契約台数によって値引きあり

契約期間

1年間自動更新 or

契約期間なし

支払い方法

口座振替/請求書払い
/クレジットカード

WiMAXのようなパケット無制限感覚で利用できずとも、月間100GB程度利用できれば良いという事業者の方は、AiR-WiFiもおすすめできます。

AiR-WiFiであれば、月間100GBの大容量が月額3,828円から利用可能となっており、複数台契約であれば1台あたりの単価交渉も可能となっており、5台以上契約する場合にはさらにお得になる可能性があるのです。

多くのWiMAXプロバイダーーが端末を「購入」としているところ、AiR-WiFiは「無料レンタル」としてるため、最低限の初期費用のみで導入できる点でも大きな魅力でしょう。

詳細についてはこちらの記事でも解説しているため、ぜひご覧ください。

メリット
  • クラウドSIM型のため通信カバーエリアが非常に広い
  • 月額費用が安い
  • 複数台割引で安価に使える
  • 最低契約台数が1台~
  • 端末は無料レンタル
  • 契約期間1年間契約期間縛りなしも選択可能
  • 月間100GBまでの大容量通信が可能
  • 10日間無料お試しモニターを利用すれば無料で試用が可能
デメリット
  • 詳細情報を知るためには情報開示請求が必要
AiR-WiFi法人契約の詳細
サービス名AiR-WiFi
運営会社株式会社FREEDiVE
データ容量100GB/月(らくらくプラン)
実質無制限(5Gホームルータープラン)
通信速度(理論値)下り150Mbps /上り50Mbps(らくらくプラン)
下り2.7Gbps /上り183Mbps(5Gホームルータープラン)
種類 クラウドSIM /WiMAX +5G
月額料金3,828円(税込)/台〜
契約台数によって割引可能
端末補償660円(税込)/月/台
※紛失まで対応
オプション契約期間なしオプション
330円(税込)/台
海外利用可能
最低契約台数1台
契約期間1年/契約期間なし
初期費用3,300円(税込)/台
利用端末GlocalMe U3(らくらくプラン)
Speed Wi-Fi HOME 5G L12(5Gホームルータープラン)
容量追加不可
回線種別日本国内の4Gネットワーク(らくらくプラン)
au 5G/ au 4G LTE/WiMAX 2+(5Gホームルータープラン)
端末無料レンタル
※解約時は付属品や化粧箱など一式の返却が必要
休止可否不可
支払い方法口座振替|220円(税込)/月(要負担)
請求書払い|手数料330円(税込)/月(要負担)
クレジットカード|手数料無料
※デビットカードの利用は不可
解約違約金2-12ヶ月:2,970円(税込)
13ヶ月目:0円
14-25ヶ月目:2,970円(税込)
26か月目:0円
※契約期間なしオプション追加の場合は解約金なし
解約申請期限当月20日までの解約申請で当月末解約が可能

\ 初期費用が安くて縛りなしも可能 /

法人契約できるWiMAXプロバイダーーを紹介

ここからは、法人契約可能なWiMAXプロバイダーーについて紹介していきます。

基本的には、最低要件しか情報公開がされていないため、詳細に関しては「情報開示請求」からお問い合せください。

5G CONMNECT 法人契約【おすすめ】

月間データ上限

実質パケット無制限

月額費用

5,280円(税込)/台〜
契約台数によって値引きあり

契約期間

2年間|自動更新なし or
契約期間なし

支払い方法

口座振替/請求書払い
/クレジットカード

メリット
  • 複数台割引で安価に使える
  • 端末が無料レンタルできるため初期費用が安い
  • 10日間無料お試しモニター制度利用で契約前に使用感を確かめることが可能
  • 契約解除料が安い
デメリット
  • 詳細情報を知るためには情報開示請求が必要
  • 月額費用が他のWiMAXプロバイダーーと比較して若干高額
  • 選択できる端末が少ない
5G CONNECT WiMAX法人契約の詳細
サービス名5G CONNECT WIMAX
運営会社株式会社FREEDiVE
データ容量実質パケット無制限
※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、
混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
通信速度(理論値)下り2.7Gbps /上り183Mbps
種類WiMAX
月額料金5,280円(税込)/台〜
契約台数によって変動
端末補償660円(税込)/月/台 ※紛失まで対応
オプション契約期間なしオプション
660円(税込)/月/台
海外利用不可
最低契約台数1台
契約期間2年/契約期間なし
初期費用3,300円(税込)/台
利用端末Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
容量追加不可
回線種別WiMAX 2+/au 4G LTE/au 5G
端末無料レンタル
休止可否不可
支払い方法口座振替|手数料220円(税込)
請求書払い|手数料330円(税込)
クレジットカード|手数料無料
解約費用2年未満:4,400円(税込)
2年以上:0円(自動更新なし)
解約申請期限当月20日までの解約申請で当月末解約が可能
特記事項複数台申し込みで割引あり

5G CONNECTは株式会社FREEDiVEが提供する法人向けの「WiMAX +5G」サービスです。

5G CONNECTの1番の特徴は、「端末が無料レンタル」となっている点でしょう。

通常のWiMAXプロバイダーーであれば、契約時に端末を「購入」するケースが多いため、導入コストが非常に大きくなります。

また、解約した際には端末だけが残ってしまうため、処分にも苦労してしまうという話もあるのです。

そう言った点で、5G CONNECTは端末が無料レンタルとなっているため、導入コストが抑えられる上に解約時の端末処分の心配もする必要がないため、導入費用を抑えて「お試し感覚」でWiMAX +5Gを導入したい企業にはぴったりのサービスと言えます。

契約期間は2年間となっていますが、月額費用に660円(税込)/台を追加すれば「契約期間縛りなし」として利用できるため、5ヶ月以内に解約する可能性がある法人様はこちらのオプションをつけた方が総額費用が安価となるでしょう。

また、複数台契約割引を利用することで最大15%オフとなる特典も提供しているため、導入台数が多い企業はよりお得に利用することが可能となっています。

モバイルルーター端末ではなく、ホームルーター端末も選択できるため、会社用に通信環境が欲しいが回線工事を行いたくない事業者様や在宅Wi-Fiをして貸し出したい場合にもおすすめです。

ホームルーターであればモバイルルーターと比べて安定したインターネット環境をすぐに構築することができます。

スクロールできます
機種名称Galaxy 5G Mobile Wi-FiSCR01Speed Wi-Fi HOME 5G L12
画像
おすすめ!

おすすめ!
製造元サムスンNECプラットフォームズ株式会社
発売日2021年4月8日2021年11月5日
最大通信速度
(下り/上り)
2.2Gbps/183Mbps2.7Gbps/183Mbps
連続通信時間約16時間
重量約203g約446g
同時接続台数最大10台最大40台
対応無線LAN規格Wi-Fi5対応(5GHzのみ)
IEEE802.11
a/n/ac(5GHz)
IEEE802.11
b/g/n(2.4GHz)
Wi-Fi6対応
IEEE802.11
a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
WiMAX2+
au5G◯(sub6)◯(sub6/NR化)
au4GLTE
対応通信技術
※価格はUQ WiMAXを参考

「維持費は多少高くても高速通信をデータ通信量制限なしのような感覚で利用したい」「複数の営業担当が毎日異なる端末を持っていくことから、パケット上限はない方がいい」というニーズの企業様におすすめしたいサービスです。

10日間無料お試しモニター制度を利用すれば、実際の使用感を確認してから契約することも可能となっているため、まずは無料お試しから申し込んでみてはいかがでしょうか。

\ 10日間無料お試しモニター実施中/

UQ WiMAX 法人契約【おすすめ】

画像参照:https://www.uqwimax.jp/wimax/business/
月間データ上限

実質パケット無制限

月額費用

4,950円(税込)/台

→25ヶ月間4,268円(税込)/台

契約期間

非公開

支払い方法

口座振替/請求書払い
/クレジットカード

メリット
  • 無料お試しキャンペーンで15日間の試用ができる
  • 回線提供元がプロバイダーーとなっており安心感が大きい
デメリット
  • 詳細情報を知るためには情報開示請求が必要
  • 端末費用などについては非公開
UQ WiMAX法人契約の詳細
サービス名UQ WIMAX
運営会社UQコミュニケーションズ株式会社
データ容量実質パケット無制限
※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、
混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
通信速度(理論値)下り2.7Gbps /上り183Mbps
種類WiMAX
月額料金4,950円(税込)/台〜
→25ヶ月間は4,268円(税込)/台で利用可能
端末補償非公開
オプションプラスエリアモード1,100円(税込)など
※詳細は非公開
海外利用不可
最低契約台数非公開
契約期間非公開
初期費用非公開
利用端末Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
Speed Wi-Fi 5G X11
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
Speed Wi-Fi HOME 5G L11
容量追加不可
回線種別WiMAX 2+/au 4G LTE/au 5G
端末非公開
休止可否非公開
支払い方法口座振替|手数非公開
請求書払い|手数料100円(税込)
クレジットカード|手数料非公開
解約費用非公開
解約申請期限非公開
特記事項

UQ WiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社がプロバイダーーとなって提供する WiMAXプロバイダーーサービスです。

回線提供元であるUQコミュニケーションズ株式会社がプロバイダーーとなっていることから、安心感を求めたい企業におすすめしたいサービスとなっています。

特に、WiMAXを固定IP(グローバルIP)で利用したい企業様はUQ WiMAXがもっともおすすめです。

通常、WiMAXなどのモバイル回線で通信を行うと、動的アドレスが付与されてしまうため、リモートアクセスなどの回線としては利用することができません。

しかし、このグローバルIPオプションを付与することで、モバイル回線でも毎回決まったIPアドレスを取得することができるようになります。

このオプションは他WiMAXプロバイダーーでは提供していないことが多いため、希望する方はUQ WiMAXを選ぶべきでしょう。

UQ WiMAXは、ほとんどの情報が「非公開」となっており、詳細については情報開示請求が必要です。

当サイトでは、UQ WiMAX法人契約の取次店である「株式会社縁人」からの申し込みを推奨しています。

本来であればWEB上に公開されることのない限定情報ですが、当社はUQWiMAXの一次取次店「株式会社縁人」を通じて、特別プランの書面に目を通し、その存在を確認した上で掲載しております。

法人専用特別プラン申請の流れ
  1. 法人専用特別プランの開示申請を下記フォームから行う
  2. UQWiMAX法人専用特別プランについての連絡が「株式会社縁人」から入る
  3. プラン内容を資料と共に確認し、ご納得いただける場合は案内に従って手続きを行う

\ 安心を最優先したい企業向け/

GMOとくとくBB WiMAX 法人契約

月間データ上限

実質パケット無制限

月額費用

3,553円(税込)/台〜

契約期間

非公開

支払い方法

口座振替/請求書払い
/クレジットカード

メリット
  • 月額料金が安い
  • インターネットサービスプロバイダーーの老舗「GMOインターネットグループ株式会社」が提供
デメリット
  • 詳細情報を知るためには情報開示請求が必要
  • 端末費用がかかる
GMOとくとくBB WiMAX法人契約の詳細
サービス名GMOとくとくBB WiMAX
運営会社GMOインターネットグループ株式会社
データ容量実質パケット無制限
※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、
混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
通信速度(理論値)下り2.7Gbps /上り183Mbps
種類WiMAX
月額料金端末発送月・1-24ヶ月目:3,553円(税込)
25-35ヶ月目:4,103円(税込)
36ヶ月目以降:4,708円(税込)
端末補償330円から550円(税込)/月/台
オプション公衆無線LAN接続
インターネット安心セキュリティ
スマホトラブルサポート
海外利用不可
最低契約台数非公開
契約期間非公開
初期費用3,300円(税込)/台
利用端末Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
Speed Wi-Fi 5G X11
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
Speed Wi-Fi HOME 5G L11
容量追加不可
回線種別WiMAX 2+/au 4G LTE/au 5G
端末分割購入
休止可否不可
支払い方法口座振替|手数料無料
請求書払い|手数料が別途発生
クレジットカード|手数料無料
解約費用非公開
解約申請期限非公開
特記事項

GMOとくとくBB WiMAXは、GMOインターネットグループ株式会社が提供するWiMAXプロバイダーーサービスです。

他社と比較して、月額料金の安さが魅力となっています。

ただし、表記されている費用はあくまでも「月額料金のみ」となっているため、ここに端末代金として605円(税込)/台が毎月加算される点については注意が必要です。

端末費用に関しては、36分割払いとなっており、総額21,780円(税込)/台の支払いとなります。

\ 安さを求めるなら/

カシモWiMAX 法人契約

引用:https://www.ka-shimo.com/business
月間データ上限

実質パケット無制限

月額費用

4,378円(税込)/月

契約期間

契約期間なし

支払い方法

請求書払い
/クレジットカード

メリット
  • 月額料金がずっと変わらないため料金の計算が行いやすい
  • 端末費用の割引特典で端末代金が実質無料
デメリット
  • 詳細情報を知るためには情報開示請求が必要
  • 支払い方法に口座振替が選択できない
カシモWiMAX法人契約の詳細
サービス名カシモWiMAX
運営会社株式会社MEモバイル
データ容量実質パケット無制限
※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、
混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
通信速度(理論値)下り2.7Gbps /上り183Mbps
種類WiMAX
月額料金4,378円(税込)/台
端末補償330円-880円(税込)/月/台
オプション非公開
海外利用不可
最低契約台数非公開
契約期間契約期間なし
初期費用3,300円(税込)/台
利用端末Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
Speed Wi-Fi 5G X11
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
Speed Wi-Fi HOME 5G L11
容量追加不可
回線種別WiMAX 2+/au 4G LTE/au 5G
端末購入
※端末分割払いサポート利用で実質無料
休止可否非公開
支払い方法請求書払い|手数料330円(税込)
クレジットカード|手数料無料
解約費用なし
解約申請期限非公開
特記事項

カシモWiMAXは、株式会社MEモバイルが提供するWiMAXプロバイダーーサービスです。

1番の特徴は、「月額料金がずっと変わらない」ということでしょう。

多くのWiMAXプロバイダーーは、契約期間が長くなるにつれて「キャンペーン割引」が終了していく傾向があるため、月額料金が上がっていってしまう場合がしばしばあります。

その点、カシモ WiMAXは契約期間はずっと料金が変わることがありません。

長い目で見ても、定期的な出費が把握しやすい点は経理担当者にとってもわかりやすいですね。

また、利用端末を分割で購入した場合は、端末代金分を月額料金から割り引いてくれるため、実質的に端末費用が無料となる点も注目です。

\ 端末費用がお得/

Broad WiMAX 法人契約

画像引用:https://wimax-broad.jp/business/
月間データ上限

実質パケット無制限

月額費用

3,573円(税込)/台〜

契約期間

2年間

支払い方法

口座振替/請求書払い
/クレジットカード

メリット
  • 年払いで総額費用がお得になる
  • 複数台契約割引あり
デメリット
  • 詳細情報を知るためには情報開示請求が必要
  • 初期費用が高額となるケースがある
  • ホームルーター端末の契約が公式サイト上に掲載されていない
Broad WiMAX法人契約の詳細
サービス名Broad WIMAX
運営会社株式会社リンク・ライフ
データ容量実質パケット無制限
※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、
混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
通信速度(理論値)下り2.7Gbps /上り183Mbps
種類WiMAX
月額料金3,573円(税込)/台〜
端末補償安心サポートプラス
605円(税込)/月/台
オプションMyBroadサポート
海外利用不可
最低契約台数1台から
契約期間2年
初期費用3,300円(税込)/台
利用端末Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
Speed Wi-Fi 5G X11
容量追加不可
回線種別WiMAX 2+/au 4G LTE/au 5G
端末購入
休止可否不可
支払い方法口座振替|手数料220円(税込)
請求書払い|手数料330円(税込)
クレジットカード|手数料無料
解約費用2年未満:3,883円(税込)/台
解約申請期限非公開
特記事項複数台申し込みで割引あり

Broad WiMAXは、株式会社リンクライフが提供するWiMAXプロバイダーーサービスです。

Broad WiMAXは、他社とは異なり、「複数台割引特典」を明記しており、加えて「年払い割引」も明記している点が特徴となっています。

特に年払いを選択することが、非常にお得となるケースが多いようですので、詳細に関しては公式サイトでご確認ください。

\ 年払いでお得に利用可能/

法人向けWiMAXの比較ポイントを徹底解説

これまでに、WiMAXを法人契約して利用した際のメリット・デメリットについて確認してきました。

担当者の方は、WiMAXの具体的な運用イメージがついたでしょうか?

ここからは、各WiMAXプロバイダーーを比較検討する時のポイントについて紹介していきます。

通信速度や提供エリアに関してはすべて共通しているため比較対象にはならない

そもそもWiMAXは、UQコミュニケーションズ株式会社が提供しているモバイル回線を利用した通信サービスで、各プロバイダーー=販売代理店から提供されているのが特徴です。

どのプロバイダーーでも、すべてUQ WiMAXに準じた通信速度・提供エリアとなっており、プロバイダーーごとによる違いはありません。

どのプロバイダーーで利用しても、利用できるエリアは同一で、通信速度に関しても差異がないのです。

河村

光回線で代表される「フレッツ光回線」も様々なプロバイダーーから提供されています。
しかし、WiMAXと異なり、プロバイダーーごとの設備や利用者数の差によって通信速度が異なることが知られています。

よって、これらの項目は比較対象にはなりません。

すべてのWiMAXプロバイダーーで共通している点については気にしなくてもいいでしょう。

比較すべきは料金プラン・契約期間・支払い方法・端末代金・キャンペーンの5点

ではどこに注目して、WiMAXプロバイダーーを選べば良いのでしょうか?

注目すべきは下記の5点です。

WiMAXプロバイダーー重要比較ポイント
  1. 料金プラン
  2. 契約期間と解約違約金
  3. 支払い方法
  4. 端末代金
  5. キャンペーン

料金プラン

同一のサービス内容であっても、WiMAXプロバイダーーごとに月額基本料金が異なります。

安いことに越したことはありませんが、安い場合は後述する「契約期間」などの条件がつく場合がほとんどです。

契約期間と解約違約金

契約期間とは、指定された期間の利用を約束することです。

これに反して、契約期間内で中途解約した場合は「解約違約金」を請求されます。

解約違約金については、2022年7月1日に施行された「改正電気通信事業法」によって、月額料金のおおよそ1ヶ月分を上限とすることが規定されました。

よって、これから契約する場合は高額となるケースはほぼないため、それほど気にしなくても良いでしょう。

支払い方法

法人向けWiMAXの支払い方法としては、クレジットカード払い・口座振替に加えて「請求書払い」に対応しているかどうかがあ注目ポイントです。

請求書払いは、決済権を持たない担当者でも契約が可能であることに加えて、経理上の手続きが簡単ということもあり、法人様に人気の支払い方法となっているようです。

請求書払い

  • 決裁権を持たない担当者でも契約が可能となっており、経理上の手続きが簡便に済む。
  • 請求書払いには請求書発行手数料が必要なケースが多いが簡便さを考えると使い勝手は一番良い

クレジットカード払いの特徴

  • 締め日にクレジットカードから自動決済が可能となっており、都度支払い手続きが不要。またクレジットカード決済であれば手数料がかからないことが多い。
  • 申し込み時にクレジットカード情報の入力が必要となるため、決裁権を持つ担当でないと契約することが出来ない。

口座振替の特徴

  • 口座振替であれば企業の法人口座から自動的に引き落としがかかるため都度支払い手続きをする必要がない。一方で手数料が高額となるケースも多く契約会社の手続き工数が増えるため処理に時間がかかる
  • 銀行振込の場合は手数料がかかる上に都度支払いが必要。契約会社の手続き工数も増えるため処理に時間がかかる

端末代金

ほとんどのWiMAXプロバイダーーの場合、契約時に契約台数分のWiMAX端末を「購入する」必要があります。

正規料金の場合、WiMAX端末は1台あたり21,780円(税込)となっていることが多いため、導入費用が非常に大きくなるのがデメリットです。

ただし、購入方法によっては割引となったり、「5G CONNECT」のような端末自体を無料でレンタルできる事業者も存在するため、お好みの方法を選ぶようにしましょう。

河村

WiMAX端末を購入した場合、解約時に端末の処分が非常に手間となってしまう場合もあるため、端末のレンタルか購入かについてはよく検討してください。
個人的には、端末はレンタルの方が都合が良いように思います。

キャンペーン

前述したように、WiMAXプロバイダーーの中には下記のようなキャンペーンを実施している場合があります。

  • キャッシュバックキャンペーン
  • 複数台契約割引キャンペーン
  • 端末代金割引キャンペーン

など

特に、複数台割引キャンペーンは、契約台数が多くなるほど1台あたりの費用が安価となる傾向があるため、大口契約の場合は有利となることが多いのです。

まとめ

以上、企業で利用するポケット型Wi-Fiとして、法人向けWiMAXを選ぶメリット・デメリットや、法人向けWiMAXの選び方について解説してきました。

再度となりますが、WiMAXはどのプロバイダーーを選んでも通信品質・提供エリアについては同様となっており、月額料金や割引キャンペーンなどで独自の魅力を出している形となっています。

本記事を参考に、まずは相見積もりを取ってみて、貴社にぴったりのWiMAXプロバイダーーを見つけてくださいね。

WiMAX法人契約に関するよくある質問

ここでは、WiMAXの法人契約に関するよくある質問についてお答えしていきます。

WiMAXとドコモ・au・ソフトバンクのポケット型Wi-Fi法人契約とではどれがおすすめですか?

WiMAXとドコモ・au・ソフトバンクのポケット型Wi-Fi法人契約とではどれがおすすめですか?

企業のニーズが異なるため、一概にどれがおすすめというのを申し上げることは難しいです。

ただし、上記キャリア3社のサービスは、WiMAXや他のポケット型Wi-Fiサービスと比較すると若干高額な印象です。

詳細についてはこちらの記事でも触れているため、ご覧ください。

法人契約のWi-Fiで完全無制限のサービスはありますか?

法人契約のWi-Fiで完全無制限のサービスはありますか?

法人、個人を含めて、完全無制限で利用できるWi-Fiサービス(モバイル回線サービス)は存在しません。

WiMAX +5Gであっても、実質的にパケット無制限のような感覚で利用できるというだけで、実際にはパケット上限が暗にある形となっています。

ポケット型Wi-Fiの法人契約でどこがおすすめですか?

ポケット型Wi-Fiの法人契約でどこがおすすめですか?

企業のニーズによっておすすめできるポケット型Wi-Fiサービスは大きく異なっています。

まずは、どのようなニーズがあるのかを社内で確認することが必要です。

ポケット型Wi-Fiを選ぶための条件などはこちらの記事でも解説しています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

河村亮介のアバター 河村亮介 ポケットWIFI比較専門家

モバイルルーター比較専門家。キャリア・格安スマホに関する知識をはじめ、モバイルWi-Fiルーターや固定回線など通信関連全般に精通し、UQ WiMAX公式メディアへの寄稿など幅広いメディアでの執筆監修を手掛ける。GreenEchoesStudio代表/回線系比較サイトGreenWaves運営。
(著者プロフィールは下記リンクからご覧いただけます)

目次(見たいところをタップ)