5G対応おすすめWiMAXプロバイダについて見る>>

WiMAX +5Gの対応エリアの確認方法について|5Gエリア外でも使えるの?

  • URLをコピーしました!

WiMAX +5Gを検討している方や、すでに利用している方が気になるのは、ご自身が利用している地域で「5G通信」が利用できるかどうかということではないでしょうか?

5Gと聞くと「4Gよりも速い速度で通信できる!」とイメージする方がきっと多いことでしょう。

やはり、通信速度は少しでも速い方がコンテンツん表示スピードやダウンロードにかかる時間が短縮されるため、よりストレスなくインターネットが利用できるようになります。

しかし、実は5Gエリアとなっている地域でも、高速通信が利用できない場合もあるのはあまり知られていません。

本記事では、WiMAX +5Gの5G回線が利用できるエリアの確認方法と、5G通信を取り巻く現在の状況についてお伝えしていきます。

この記事の執筆・監修者

河村亮介(カワムラリョウスケ)

ポケットWiFi比較・通信費節約専門家

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイルルーター選びの専門家。UQ WiMAX公式サイトでの記事執筆経験他、複数の法人メディアでのサイトディレクションや執筆監修も担当。利用者のニーズに沿ったサービス提案が得意。通信費用の削減・節約を進めたい。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

目次(見たいところをタップ)

WiMAX +5Gの対応エリアを確認する方法

WiMAX +5Gの対応エリアは下記のエリアマップ、もしくはUQ WiMAX公式サイトからご覧いただけます。

WiMAX +5Gのエリアマップの見方

上記エリアマップでは下記の色分けによって、対応エリアが分類されています。

  • 5G sub6|au 5G(n78)が利用できるエリア。高速通信が可能。
  • 5G NR化|au 4G LTEを5Gへ転用したエリア。速度は4Gと変わらない。
  • 4G|従来のau 4G LTEのエリア。最もカバーエリアが広い

※WiMAX +5Gは「au 5Gのミリ波(28GHz帯=n257)」には対応していません。

画像参照:https://www.uqwimax.jp/wimax/area/map/default/

さらに、「スタンダードモード」プラスエリアモードを切り替えるとエリアマップが変化します。

画像参照:https://www.uqwimax.jp/wimax/area/map/default/

プラスエリアモードは、WiMAX +5Gのスタンダードモードで利用できるau 4G LTE回線(Band1/3)に加えて、Band18/26=プラチナバンドが利用できるようになる有料オプションです。

プラチナバンドは、au 4G LTE回線の中で最も人口カバー率が広いため(99%以上)、田舎や山間部などでもつながりやすくなるという特徴を持っています。

上記地図は、ウィンタースポーツや松任谷由実さんがクリスマスコンサートをすることで有名な苗場スキー場周辺のWiMAX +5Gのカバーエリアです。

このように、プラスエリアモードの方がカバーエリアが広がっているのがわかります。

利用地域が5Gに対応していなくても全く問題がない理由とは

みんなの声

私の住んでいる地域は5Gに対応してないみたいだったわ…契約するのやめようかしら。

やはり、「4Gよりも5Gがいい」と思うのは、新しいものや、より良いものを求める人間の思考としては至極当然でしょう。

しかし、WiMAX +5Gに関しては、利用したい地域が5Gに対応していなくても全く問題はありません。

理由は3つあります。

5Gエリアに該当していなくてもいい理由
  1. 5Gに対応しているエリアがまだ少ないから(2022年時点)
  2. 利用場所が5Gエリア内でも「高速通信ができる」とは限らないから
  3. 4G/5GNR化でも十分高速通信が可能だから

1.5Gに対応しているエリアがまだ少ないから(2022年時点)

今後の5G普及率の予想としては、2022年3月29日の金子総務大臣の記者会見によると、総務省としては下記の展望で進めていく予定とされています。

5G普及達成率目標(総務省発表)

  • 2023年度末には95%
  • 2025年度末には97%
  • 2030年度末には99%

よって、2022年時点では 、まだまだ「純粋な5G=SA」の普及率は低いため、5Gエリアの拡大による恩恵を受けることができません。

逆を言えば、今後間違いなく5Gカバーエリアが全国に拡大していくため、現時点で対応していなくとも今後はお住まいの地域が5Gエリアになる可能性が極めて高いため、気にする必要はないと言えます。

河村

SA(スタンドアローン方式)については後述しています。

2.利用場所が5Gエリア内でも「高速通信ができる」とは限らないから

先ほど紹介した5G回線の中には「sub6」「NR化」の2種類がありました。

  • 5G sub6|au 5G(n78)が利用できるエリア。高速通信が可能。
  • 5G NR化|au 4G LTEを5Gへ転用したエリア。速度は4Gと変わらない。
  • 4G|従来のau 4G LTEのエリア。最もカバーエリアが広い

画像参照:https://www.uqwimax.jp/wimax/area/map/default/

※WiMAX +5Gは「au 5Gのミリ波(28GHz帯=n257)」には対応していません。

高速通信ができるのは「新しく5G設備を単独で備えたスタンドアローン方式のsub6」 のみとなっており、4Gを5Gに転用=NR化した5G回線の通信速度は、4G回線と変わらないのです。

現在、全国で拡大している「5Gエリア」は4Gを5Gへ転用したいわゆる「なんちゃって5G」となっているため、お住まいの地域が5G対応エリア内だったとしても、イメージしている高速通信を利用することはできません。

5G sub6の普及は明言されていませんが、新た一から設備を構築する必要があるため、普及するまでには数年単位の期間が必要だと筆者は考えています。

3.4G/5GNR化でも十分高速通信が可能だから

WiMAX +5Gは、WiMAX 2+と比較して「標準でau 4G LTE回線」が利用できるようになったことと、直近3日間の合計パケット通信量上限超過による通信速度制限が撤廃されたことが目立った進化点と言えます。

実際に本当の意味で高速通信ができる「5G sub6」に対応するエリアが狭いことから、WiMAX +5Gに対してネガティブなイメージを持つ方もいそうですが、au 4G LTE回線でも十分高速通信が可能です。

スクロールできます
端末下り平均速度(実測)上り平均速度(実測)
Speed Wi-Fi HOME 5G L1264.77Mbps10.79Mbps
Speed Wi-Fi HOME 5G L1172.62Mbps10.76Mbps
Speed Wi-Fi 5G X1192.56Mbps19.94Mbps
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi67.34Mbps13.59Mbps
情報参照元:みんそく

一般的な用途では、YouTubeの4K動画視聴が最も回線速度を必要とする用途ですが、推奨通信速度が下り20Mbpsとなっていることからも、一般的な用途でのWiMAX +5Gの利用を考えると、通信速度が遅いということは考えられません。

むしろ、今後の5Gエリア拡大に伴って、この通信速度平均値が上がっていくことを考えると、非常に楽しみなサービスと言えるでしょう。

複雑になっている5Gについて

近年頻繁に聞くようになった「5G」というワードは、「5th Generation=第五世代移動通信システム」のことを指します。

携帯電話などで用いられる「移動通信システム」には歴史があり、最近では3G通信網が廃止になるなど、5G普及に向けての進化が見られています。

現在の主流は4Gですが、これが2030年度末には5Gの人工カバー率が99%以上となることが想定されており、徐々に5Gへの移行が進んでいくことでしょう。

過渡期にある5Gは、便利な反面、様々な要素が混在しているため、利用者にとっては非常に難解となっているのも事実です。

この項では、5Gについての概要と、複雑にしている要因についてコラム的に解説していきます。

河村

ざっくりと概要をお話しします。

5Gが持つ3つの特徴

総務省によると、5Gの特徴は下記のように定義されています。

  1. 高速大容量(eMBB:enhanced Mobile Broadband)
  2. 超低遅延(URLLC:Ultra-Reliable and Low Latency Communications)
  3. 多数同時接続(mMTC:massive Machine Type Communication)

情報参照元:https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd133420.html

4Gと5Gは、通信規格が変わるため、多くの点で進化しているのです。

Massive MIMOという技術を用いることで、最大通信層度(下り)の目標値が20Gbpsに達するといわれており、デバイスとサーバーの物理的距離を縮めて低遅延通信を可能とする「エッジコンピューティング」という技術を用いることで超低遅延を実現するとしています。

また、「グランド・フリー」という技術を用いることで、従来の4Gでは1平方キロメートルあたり10万台の同時接続だったものが、5Gでは100万デバイスまで接続できるようになるのです。

5G(4G比較)4G
通信速度20Gbps
→20倍
1Gbps
応答速度1ms
→10倍
10ms
同時接続数100万デバイス/㎢
→10倍
10万デバイス/㎢

すべての「5G」が超高速・超低遅延・多数同時接続ではない

さて、問題はここです。

実は、すべての「5G回線」がこの3つの特徴を満たしているわけではありません。

それは、5Gの普及方法に要因があります。

本来の意味での5Gを実現させるためには、「5G専用の設備」を用いて新しく「5G通信基地局」を整備する必要があり、これを「SA(スタンドアローン方式)」と言います。

スタンドアローン方式の問題は、5G基地局を新しく1から整備する必要があるため、全国的な普及までに莫大な時間がかかってしまうことです。

4Gから5Gへの移行を紙芝居の場面が切り替わるごとく急速に進めてしまうと、利用者の端末が5Gに対応していない、カバーエリアが極端に狭くなるなどの問題が発生してしまうため、4Gを利用できるまま、緩やかに5Gが利用できる環境へ移行する必要があるのでしょう。

そうした背景をもとに考えられたのが、「4Gを5Gへ転用する(NR化)」ことです。

これを「NSA(ノンスタンドアローン方式)」と呼びます。

ノンスタンドアローン方式では、既存の4Gネットワークを利用するため、簡単に5Gエリアの拡大が可能となっている一方で、その中身は「4G」となっており、5Gの3つの特徴を十分に兼ね備えているわけではないのです。

技術的には、4Gの設備を用いて5GNR化しても高速大容量通信は実現できますが、肝心の「帯域幅」が変わらないため、通信速度に変化はありません。(SA方式の帯域幅は100ー400MHzとなっており、全く帯域の広さが異なる)

これが、5GNR化は「なんちゃって5G」と呼ばれる所以となっています。

用語解説

  • SA|Stand Alone:スタンドアローン=単独方式。電波だけでなくコアネットワークも含め、すべての通信設備が5Gになっているもの。
  • NSA|Non-Stand Alone:ノンスタンドアローン方式。現在はコアネットワークに4Gの設備を使う5Gネットワークを指すことが多い。
  • NR化|New Radioの略称。第5世代移動通信システム向けの通信規格標準。NR化とは、既存の4G LTEで使用していた周波数帯域を5G技術に置き換えること。

4G周波数を5Gに転用するとどうなる?

現在KDDI株式会社(au / UQコミュニケーションズ)では、既存の4G回線網の5GNR化を進めています。

au 4Gでは、ほぼすべての4G回線、UQコミュニケーションズでは、既存のWiMAX 2+回線(Band41)の5GNR化を推進しており、着々と「なんちゃって5Gエリア」が拡大してきています。

画像参照:au

4G周波数を5Gへ転用しても、利用者にとっては何も変わらないと筆者は考えています。

変わるとすれば、5G対応モデルのスマホを使っている方の電波ピクトグラムの横の表示が「5G」となるだけでしょう。

前述したように、5Gへの移行をスムーズにするための「5GNR化」ですので、表面上の変化はあまり実感できないと考えても差し支えはないでしょう。

河村

この辺りは、NTTドコモもプレスリリースの注釈で「4G周波数を利用した5Gの通信速度は、4Gと同等となります」と明記しています。

ただし、WiMAX 2+回線に関しては、2022年12月から「WiMAX 2+(Band41)」の帯域幅の半分を5GNR化する影響で、4Gでの最大通信速度が半減するとアナウンスされています。

参考:WiMAX 2+速度変更予定エリア

5Gの周波数帯域

ミリ波(SA)28GHz帯の周波数。400MHzの帯域幅で高速・大容量通信が可能。
sub6(SA)3.7/4GHz帯の周波数。それぞれ100MHzの帯域幅で高速・大容量通信が可能。
NR化(NSA)4G LTEの周波数。NR規格を適用して5Gに利用。既存の基地局設備を活用することで、より早く5Gエリア化が可能。

情報参考:4Gバンドの5G化の進め方について|総務省 / ドコモも踏み出す「なんちゃって5G」って何だ?|IT mediaビジネスオンライン

WiMAX +5Gで利用できる電波(周波数帯)

ここでは、5GNR化を含めた、WiMAX +5Gの利用可能周波数帯域をWiMAX 2+と比較したものを一覧表で紹介しています。

WiMAX +5GWiMAX 2+
屋内でのつながりやすさつながりやすいつながりにくい
対応周波数WiMAX +5GWiMAX 2+
au 5G
(ミリ波)
未対応未対応
au 5G
(sub6)
標準対応未対応
au 5GNR化
(Band1/3)
機種によっては対応
(L12/X11で対応)
未対応
au 5GNR化
(Band18/26)
機種によってはオプション対応
(L12/X11で対応)
未対応
WiMAX 2+NR化
(Band41)
標準対応未対応
au 4G LTE回線
(Band1/3)
標準対応未対応
au 4G LTE回線
(Band18/26)
オプション対応オプション対応
WiMAX 2+回線標準対応標準対応
速度制限一定期間に大容量通信を行なった場合、混雑時間帯のみ速度制限直近3日間で15GB以上利用すると翌日18時から26時まで速度制限

5Gの周波数帯域

ミリ波(SA)28GHz帯の周波数。400MHzの帯域幅で高速・大容量通信が可能。
sub6(SA)3.7/4GHz帯の周波数。それぞれ100MHzの帯域幅で高速・大容量通信が可能。
NR化(NSA)4G LTEの周波数。NR規格を適用して5Gに利用。既存の基地局設備を活用することで、より早く5Gエリア化が可能。
スクロールできます
機種名称Speed Wi-Fi 5G X11Galaxy 5G Mobile Wi-FiSCR01Speed Wi-Fi HOME 5G L12Speed Wi-Fi HOME 5G L11
画像
おすすめ!

おすすめ!
製造元NECプラットフォームズ株式会社サムスンNECプラットフォームズ株式会社ZTE Corporation
発売日2021年10月15日2021年4月8日2021年11月5日2021年6月4日
最大通信速度
(下り/上り)
2.7Gbps/183Mbps2.2Gbps/183Mbps2.7Gbps/183Mbps2.7Gbps/183Mbps
連続通信時間約8時間約16時間
重量約174g約203g約446g約599g
同時接続台数最大17台*
※有線接続含む
最大10台最大40台最大30台
対応無線LAN規格Wi-Fi6対応
IEEE802.11
a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
Wi-Fi5対応(5GHzのみ)
IEEE802.11
a/n/ac(5GHz)
IEEE802.11
b/g/n(2.4GHz)
Wi-Fi6対応
IEEE802.11
a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
Wi-Fi6対応
IEEE802.11
a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
WiMAX2+
au5G◯(Sub6/NR化)(sub6)◯(sub6/NR化)◯(sub6)
au4GLTE
対応通信技術
本体価格*21,780円(税込)21,780円(税込)21,780円(税込)21,780円(税込)
※価格はUQ WiMAXを参考

まとめ

以上、WiMAX +5Gのエリアを確認する方法と、5Gの現状についてお伝えしてきました。

5Gはまだまだ発展途上となっているため、「生活が変わるレベルの便利さ」を感じるのは先になるでしょう。

しかし、時代は確実に5Gへ歩みを進めています。

あなたが選んだWiMAX +5Gように、今後ますます便利になってくる5G対応機種やサービスを所有しておくことは、生活を便利にするきっかけの一つになるでしょう。

WiMAX +5Gおすすめサービス

5G CONNECT|端末費用がかからないため初期費用が安い

  • 端末がレンタルとなっているため初期費用で端末代金がかからない
  • 選べる2つのプラン!2年契約プランなら最安値クラスで契約が可能
  • 契約期間縛りなしプランなら30日間お試しで使える!
  • 法人向け契約開始!複数台申し込みで大幅値引き可能!詳しくはこちら

\公式サイトを見る/
5G CONNECT

GMOとくとくBB WiMAX|新規でも他社乗り換えでも最安値クラス

  • 当サイト限定リンクからの契約で23,000円(不課税)のキャッシュバック付き
  • キャッシュバック受け取りで実質月額が3,671円(税込)と当サイト掲載WiMAXの中でも非常に安い
  • 他回線からの乗り換えでキャッシュバック金額が増額(最大40,000円(不課税))
  • プラスエリアモード:1,100円(税込)/月
  • 24ヶ月以内の解約違約金:1,100円(税込) 以降は無料(自動更新なし)

\限定リンクから公式サイトを見る/
GMOとくとくBB

BIGLOBE WiMAX|口座振替での安さが魅力

  • 申込月は無料で利用可能
  • 契約期間なしで解約違約金なし!
  • 申し込み翌月に5,000円(不課税)キャッシュバック※実施時のみ
  • 公式サイト公開キャンペーンコード利用でさらにキャッシュバック増額
  • 支払い方法は口座振替対応
  • プラスエリアモード:1,100円(税込)/月
  • 口座振替手数料:220円(税込)/月
  • 口座振替の場合は端末は代引き一括払いのみ(21,912円(税込)+440円(税込)の代引き手数料)

\公式サイトを見る/
BIGLOBE WiMAX +5G

カシモWiMAX|キャンペーンなしでもシンプルに安い

  • 契約期間なしで解約違約金なし!
  • 申し込み月は一律1,408円(税込)
  • 月額費用がずっと4,378円(税込)で値上がりなし!
  • キャンペーンなしでも3年間の総費用が他プロバイダ比較で最安値クラス!
  • 端末分割払いなら端末費用分が月額費用から割り引かれるため実質端末費用無料!
  • プラスエリアモード:1,100円(税込)/月

\公式サイトを見る/
カシモWiMAX

BroadWiMAX|他社から乗り換え時の違約金を負担

  • 他社WiMAXからの乗り換えにかかる違約金を19,000円(税込)まで負担
  • 実質月額費用が安価(4,494円(税込)/月)
  • オプション同時加入+クレジットカード払いで初期費用20,743円(税込)が無料
  • プラスエリアモード:1,100円(税込)/月

\公式サイトを見る/
BroadWiMAX

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

河村亮介のアバター 河村亮介 ポケットWIFI比較専門家

モバイルルーター比較専門家。キャリア・格安スマホに関する知識をはじめ、モバイルWi-Fiルーターや固定回線など通信関連全般に精通し、UQ WiMAX公式メディアへの寄稿など幅広いメディアでの執筆監修を手掛ける。GreenEchoesStudio代表/回線系比較サイトGreenWaves運営。
(著者プロフィールは下記リンクからご覧いただけます)

目次(見たいところをタップ)