5G対応おすすめWiMAXプロバイダについて見る>>

WiMAXを一人暮らしのインターネット回線におすすめする理由をプロが解説!大学生や新社会人が契約すべき理由とは

  • URLをコピーしました!

一人暮らしで最適なインターネット環境をお探しでしょうか?

新社会人や大学生になって一人暮らしを始めた方で悩むポイントの一つとして「インターネット回線をどうするか」と迷うことが挙げられるでしょう。

2022年4月1日から民法が改正され、18歳以上であれば親権者の同意無しでWiMAXの契約が可能になったことを受けて、新大学生・新社会人の申し込みも容易になっています。

光回線やモバイル回線など様々な種類のインターネット回線が多くあるためどれを選んだらわからない場合もきっと多いはずです。

今やインターネットは生活インフラの一つとなりつつあり、一人暮らしでインターネットができる環境はなくてはならない「絶対に必要な存在」となっています。

インターネット回線と聞いて真っ先に思い浮かぶ「光回線」は回線工事が必要で、引っ越しの際にも解約・回線撤去が必要な場合が多いです。

居住地が変わっても解約が不要で大容量通信が可能、持ち運びが出来て外出先でもパケット通信量を気にぜずにインターネットができるポケット型WiFiを選択するというのは間違っていません。

大学生では明確に「契約している賃貸物件(マンション/アパート)から数年後に引っ越す」ことが決まっているため、固定回線を契約するよりもポケット型WiFiを契約した方が費用面や利便性においても合理的と言えます。

問題は「どのポケット型WiFiにすればいいかわからない」というところではないでしょうか。

みんなの声

WiMAXとポケット型WiFi(モバイルWiFi)ってどこが違うの?

河村

WiMAXはポケット型WiFi(モバイルWiFi)の一つです。
言うなれば、たくさんのモバイルWiFiサービスの一つがWiMAXと言い換えられます。

本記事では一人暮らしにWiMAXをおすすめする理由について詳しく解説していきたいと思います。

一人暮らしにWiMAXをおすすめする理由
  1. 実質無制限のインターネット回線が持ち運べる
  2. 通信速度が速くストレスなくインターネットが出来る
  3. au4GLTEと5G回線も使えて通信エリアが広い
  4. 工事不要で最短翌日に端末が届いてインターネットが可能
  5. 引っ越しの際にも解約が不要
  6. UQモバイル/auとの組み合わせで通信費の節約が可能
この記事の執筆・監修者

河村亮介(カワムラリョウスケ)

ポケットWiFi比較・通信費節約専門家

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイルルーター選びの専門家。UQ WiMAX公式サイトでの記事執筆経験他、複数の法人メディアでのサイトディレクションや執筆監修も担当。利用者のニーズに沿ったサービス提案が得意。通信費用の削減・節約を進めたい。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

プロフィールを見る▶︎▶︎

目次(見たいところをタップ)

一人暮らしには光回線やテザリング・ホームルーターよりもモバイルWi-Fiをおすすめする理由は工事不要だから

  • 「初めての一人暮らし…インターネット回線ってどうすればいいのかな」
  • 「たくさんサービスがありすぎてどのインターネット回線を選べばいいかわからない」
  • 「一人暮らしの人ってWi-Fiってどうしてるの?」

このような疑問を持っている方が大勢いらっしゃるのではないでしょうか?

一人暮らしで検討されるインターネット手段としては、スマートフォンでのテザリングや固定回線を引き込む、モバイルWiFiルーターやホームルーターを利用するなど様々な選択肢があります。

一番手軽なのはキャリアの大容量プランを契約する方法ですが、月額利用料金が高額となりやすく、そもそもスマートフォンは常時テザリング(WiFi接続)して使う用途として設計されていないため、発熱やバッテリーの劣化を早めるなどのデメリットがあるため、筆者としてはあまりおすすめできません。

河村

一人暮らしの方がドコモ5Gギガホプレミアを契約していれば、スマホだけを持ってテザリングで乗り切ることも十分可能です。
しかし、スマートフォン自体の寿命を縮める可能性あるので個人的にはあまりお勧めしません。

また、固定回線(光回線やケーブルテレビ回線)は回線を引き込むための工事が必要となることに加えて、引っ越しの際は回線撤去費用を請求されるケースも存在します。

そんな固定回線のデメリットを解消するのが「ホームルーター」ですが、固定回線同様に自宅でしか利用できず持ち運びができないという大きなデメリットが残ってしまうでしょう。

■ホームルーターの代表的なサービス

ホームルーターとは「コンセントに挿すだけ」で利用できるようになるWiFiルーターです。「置き型WiFi」「置くだけWiFi」とも呼ばれています。2021年8月にリリースされた「【ドコモ home 5G】 」が3日間の合計パケット通信量に上限が明記されていないことが話題となり爆発的な人気となりました。他のホームルーター同様に工事が不要で、ドコモユーザーであれば月々のスマートフォンの費用が割り引かれる特典もあります。詳しくはこちら

以上を踏まえて、一人暮らしにポケット型WiFiを選ぶべき理由は下記の通りです。

一人暮らしにポケット型WiFiが向いている理由

①回線工事が不要最も大きなメリット

→引っ越しの際に解約することなく契約を継続することができるため、解約時の契約解除料や回線撤去費用を気にする必要がない

②持ち運びが可能で外出先でもたっぷりインターネットが可能

→固定回線やホームルーターがアパートやマンションでのみしか利用できないのに対して、ポケット型WiFiなら持ち運びができるため外出先でもパケット通信量を気にせずにインターネットが出来る

③データ単価が携帯電話よりも安いため通信費の節約になる

→ポケット型WiFiはスマートフォンに比べて1GBあたりのデータ通信量単価が安いため、テザリングを利用するよりも安価にインターネットをすることが出来る

④大容量通信が可能

→光回線のようにパケット無制限で通信することは出来ないものの、通常利用では十分足りるパケット通信量を確保している

一人暮らしでオンラインゲームをしたい場合のインターネット回線は光回線を推奨

残念ながら、大量のデータ通信を行うパソコンを使ってのオンラインゲームや大画面テレビでの4K動画視聴を目的とするのであればポケット型WiFiよりも光回線を使ったほうがいいでしょう。

ポケット型WiFiのデメリットを挙げるとすれば「パケット無制限ではない」「光回線に比べて速度が遅い」ということです。

通常画質の動画を見たり、SNSの利用やWEBブラウジング、Zoomなどのオンラインミーティング用途でインターネットを使用したいのであればポケット型WiFiの通信量や通信速度でも十分事足りるということはあまり知られていません。

河村

家族4人で使用するなどのシーンであれば回線工事をしてでも光回線を引いたほうがメリットが大きいですが、一人暮らしの場合ではポケット型WiFiで十分事足ります。

WiMAXが一人暮らしの大学生・社会人におすすめできる5つのメリット

現在、様々なポケット型WiFiサービスが存在していますが、2009年からスタートしたWiMAXは現在でも圧倒的な契約者を誇ります。

UQコミュニケーションズ株式会社が公表しているデータによると、2020年度第4四半期の契約者数は3577万4300件※となっており、UQモバイルの契約者数が累計200万人程度となっていることを考慮しても、3000万人以上の方が利用していることがわかります。

2021年4月からは「WiMAX+5G」がスタートし、5G回線に対応しただけではなく標準でau4GLTE回線が利用できるようになったことで屋内での繋がりやすさが劇的に改善しました。

そんな人気を誇るWiMAXが一人暮らしにおすすめできる理由を順に紹介していきましょう。

一人暮らしにWiMAXをおすすめする理由
  1. 料金が安い
  2. 実質無制限のインターネット回線が持ち運べる
  3. 通信速度が速くストレスなくインターネットが出来る
  4. au4GLTEと5G回線も使えて通信エリアが広い
  5. 工事不要で最短翌日に端末が届いてインターネットが可能
  6. 引っ越しの際にも解約が不要
  7. UQモバイル/auとの組み合わせで通信費の節約が可能

UQWiMAXより引用。契約者数に関してUQモバイルを含みます。

一人暮らしにおすすめの理由1.料金が安い

WiMAXは他のインターネット回線と比較しても料金が安いというメリットがあります。

WiMAXや固定回線、キャリアスマホのパケット無制限プランとの料金を比較した表がこちらです。

スクロールできます
項目WiMAX固定回線キャリアパケット
無制限プラン
契約事務手数料3,300円(税込)3,300円(税込)3,300円(税込)
→WEBからは無料
工事費用0円20,000円〜40,000円程度0円
月額料金4,500円程度6,000円程度7,000円程度
評価

このように、固定回線やキャリアパケット無制限プランと比べると月額費用が安いのもWiMAXの魅力の一つです。

一人暮らし(単身世帯)の通信費は6,413円となっていることを考えると、それよりも安価となっているのは魅力的ですね!
総務省家計調査(2021年7月-9月期)単身世帯のデータから1ヵ月あたりの費用を算出したものを採用

一人暮らしにおすすめの理由2.実質無制限のインターネット回線が持ち運べる

WiMAX+5Gは2022年2月1日の大幅サービス規約変更によって、「3日間制限」が事実上撤廃となったため「実質パケット無制限のような感覚」で利用できるサービスとなりました。

ただし、旧サービスのWiMAX2+に関しては従来通り直近3日間の合計パケット通信量が10GBを超過した場合、その翌日の18時から26時まで最大1Mbpsに通信速度を制限することは変わりません。

より多くのお客さまにWiMAX +5Gを快適にご利用いただくために、一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。

<お知らせ>
これまで直近3日間の通信量が合計15GB以上の場合、通信速度を一律に制限しておりましたが、お客さまのご利用状況をふまえ、速度制限条件などを2022年2月1日より変更いたしました。

https://www.uqwimax.jp/wimax/plan/note/5g_speedlimit_15/

WiMAXの3日で10GB制限は普通に使っていて足りるのか?

やはり「快適速度で」WiMAXを使いたい場合は、3日間の合計通信量を意識して速度制限がかからないように使いたいというのが本音でしょう。

それまでのWiMAX2+では直近3日間の合計パケット通信量が10GB、2021年4月にサービスインを果たしたWiMAX+5Gでは15GBを超過するとそれぞれ速度制限の対象となっていました。(WiMAX+5Gに関しては2022年2月1日に15GB制限は撤廃)

WiMAX2+では一日約3GB程度しか使えず、見たい動画サービスを我慢せざるを得ないような状況もあったことや、現時点ではWiMAX2+の新規契約はできない場合が多いため、選ぶのであればWiMAX+5Gにしましょう。

一人暮らしにおすすめの理由3.固定回線に負けない通信速度でストレスなくインターネットができる

WiMAXは通信速度が他のポケット型WiFiと比較して「速い」という特徴があります。

ポケット型WiFiの通信速度が「理論値=ベストエフォート形式」で表記されており、実際にどれくらいの速度が出るかについては利用状況によって左右するため明記されていません。

サービス名最大通信速度(理論値)
WiMAX+5G2.7Gbps(下り)
183Mbps(上り)
WiMAX2+1.2Gbps(下り)
75Mbps(上り)
クラウドSIM150Mbps(下り)
50Mbps(上り)

実際に筆者が計測した通信速度の実測値データでは、そのほかのポケット型WiFiに比べてWiMAXのほうが「速い」という結果が得られています。

WiMAX+5Gの速度がおおよそ下り60Mbps程度だったのに対して、クラウドSIMの仕組みを用いたポケット型WiFiで最速だったサービスでは30Mbps程度となりました。

参考:ポケット型WiFiの実測通信速度を徹底比較!7日間の連続計測で最速だったのはこれだ!(GreenWaves)

画像引用:GreenWaves for WiFi
スクロールできます
速度単位:Mbps 下り速度SCR01WX06W06
ダイニングテーブル中央57.1513.919.38
電子レンジ上57.4621.3420.99
リビング中央46.2413.4523.23
和室52.9729.9240.05
ペアガラス前52.0812.8515.88
ペアガラス前解放63.3617.2129.87
ベランダ69.5518.4631.64
データ参照:GreenWaves for WiFi

※非5Gエリアで屋内で計測。計測回数は各1回のみ

一人暮らしにおすすめの理由4.au4GLTEと5G回線も使えるから通信エリアが広い

これまでに提供されてきた「WiMAX2+」サービスに関しては、標準状態では専用回線である「WiMAX2+回線」しか利用することが出来ませんでした。

WiMAX2+回線はUQコミュニケーションズ株式会社が提供する回線となっており、カバーエリアは全国規模となっているもののやはりKDDI(au)のキャリア回線に比べるとカバーエリアが狭いという弱点があります。

しかし、WiMAX+5Gではauが整備を進めている「5G回線」に加えて「au4GLTE回線」も標準状態(オプションなしの状態)で利用できるようになったため、WiMAX2+よりも広い範囲で利用できるようになりました。

au4GLTE回線に関しては人口カバー率99%以上となっているため、WiMAX+5Gを利用していて圏外になる可能性は低いでしょう。

みんなの声

WiMAX+5Gって5G対応が一番のウリかと思っていたけどau回線を標準で使えるようになったところも魅力なんだね!

一人暮らしにおすすめの理由5.工事不要で最短翌日に端末が届いてインターネットが可能

WiMAXはモバイル回線を利用して通信を行う「モバイルルーター」となっており、インターネットを行う際に光回線のように工事を必要としません。

WEB上で簡単に申し込みが可能で、最短申し込みの翌日には手元に届くため、すぐにインターネット環境を手にすることが出来ます。

一人暮らしにおすすめの理由6.引っ越しの際にも解約不要

これも固定回線との比較になりますが、WiMAXは「持ち運びができる」ため引っ越しの際に解約する必要がありません。

引っ越し先の住所を契約先に伝えるだけで新居でも端末そのままに継続してインターネットをすることが出来ます。

みんなの声

光回線はパケット無制限で速いしすごく魅力的なんだけど、引っ越しするときに解約金がかかったり、回線撤去費用がかかったり面倒なのよね…

河村

そこがネックですよね。
一般的に光回線は2年から3年間の契約期間がありますし、その期間内に引っ越すことになれば当然「契約解除料」がかかります。
場合によっては回線撤去費用もかかるため、メリットとデメリットを天秤にかけて迷うという相談も寄せられています。

一人暮らしにおすすめの理由7.UQモバイル/auとのセット割で通信費が節約できる

WiMAX +5GはUQモバイルやauスマートフォンとセットで持つことで、携帯電話料金の割引を受けることができます。

ただでさえ利用料金の安いUQモバイルの月額費用が「自宅セット割インターネットコース」適用で最大月額858円(税込)もの割引が受けられるため、携帯電話料金もあわせて月々の通信費を節約できるのです。

さらに、WiMAX +5Gの「プラスエリアモード」の利用料金が無料、プラスエリアモードのパケット上限も2倍となるため、WiMAXサービス本体の利便性も向上します。

auスマートフォンを利用している方

auスマートバリュー適用
▲1,100円(税込)※最大
auスマホから割引

WiMAX +5Gのプラスエリアモード利用料金が無料(通常1,100円(税込))
WiMAX +5Gのプラスエリアモードパケット上限が30GBへ増量(通常15GB)

UQモバイルスマートフォンを利用している方

自宅セット割インターネットコース適用
▲858円(税込)※最大
UQmobileスマホから割引

WiMAX +5Gのプラスエリアモード利用料金が無料(通常1,100円(税込))
WiMAX +5Gのプラスエリアモードパケット上限が30GBへ増量(通常15GB)

一人暮らしでWiMAXを契約する前に確認したい3つデメリット

これまでにWiMAXのメリットについて説明してきました。

やはりWiMAXは通信速度が速く、固定回線と違って持ち運びが可能という点で一人暮らしには一番におすすめしたいサービスです。

しかし、当然メリットの裏にはデメリットがつきもの。

ここからは契約前に確認したいWiMAXのデメリットについて紹介していきます。

WiMAXのデメリット
  1. WiMAX2+には3日で10GBを超えると1Mbpsの通信制限がかかる
  2. 端末費用は自己負担(購入)がほとんど
  3. どのプロバイダを選んだらいいかわからない

デメリット1.WiMAX2+には速度制限が存在する

「月間パケット無制限!」と大々的に宣伝しているWiMAX2+ですが、月間通信量は無制限となっている一方で「3日間の合計パケット通信量が10GBを超過すると翌日の18時から26時まで最大1Mbpsの速度制限がかかる」ということについてはあまり知らない人が多いように思います。

2021年4月8日にリリースされたWiMAX+5Gに関しても「3日間で15GB」というパケット容量超過による通信速度制限がありましたが、2022年2月1日に撤廃されたため事実上「パケット無制限のような感覚で利用できるサービス」に生まれ変わったことになります。

プラスエリアモードを利用した場合は15GB以上使うと制限がかかる

WiMAX+5Gでは、通常の電波(スタンダードモード)に加えてau4GLTE回線が利用できる「プラスエリアモード」オプションが存在します。

プラスエリアモードをオンにした状態で15GB以上通信するとプラスエリアモード自体が利用できなくなり、通常の「スタンダードモード」でしか通信できなくデメリットがあるのです。

WiMAX+5Gで利用する電波は「5G(n78)」「au4GLTE(Band1/3)」「WiMAX2+(Band41)」の3種類です。

執筆時時点ではまだ5G電波を利用できるエリアが非常に狭いため、現実的に利用することになるのはBand1/3とBand41となります。

屋内で利用する場合、電波特性上回り込みやすい回線から接続されるため、WiMAX+5Gで利用する電波はBand1/3の2つとなるでしょう。

これらの電波でも十分高速通信が可能ですが、利用場所が地下であったり建物の内部だったりする場合は電波が届きにくくなった結果、通信速度が低下することも。

そういった時に役に立つのが「プラスエリアモード」です。

プラチナバンドと呼ばれる周波数帯域を用いて通信することで、屋内でもより高速通信ができるようになります。

河村

プラスエリアモードが制限されても通常のスタンダードモードでの通信は問題なく行えますので安心してください。

デメリット2.端末費用は自己負担(購入)

WiMAXは、5G CONNECTWiFiレンタルどっとこむなどのレンタルサービスを利用しない場合、利用する端末は「利用者が自費で購入する」ケースが大半です。

WiMAX +5Gの場合、端末は21,780円(税込)となっていることが多く、この金額をプロバイダーが指定する分割回数で割った金額を月々の月額費用に上乗せして支払う形がポピュラーとなっています。

サービス名契約期間違約金端末費用キャンペーン
UQ WiMAX なしなし21,780円(税込)公式オンラインショップ
申し込みで特別割引
BIGLOBE WiMAX +5G なしなし21,912円(税込)913円(税込)×24ヶ月分割引
→実質無料
カシモWiMAX なしなし21,780円(税込)605円(税込)×36ヶ月分割引(クレカ払いのみ)
→実質無料
BroadWiMAXなし/24ヶ月一律3,883円(税込)21,780円(税込)なし
GMOとくとくBB 24ヶ月一律1,100円(税込)21,780円(税込)なし
5G CONNECT最低利用期間3ヶ月3ヶ月以降はなしレンタルなし
WiMAX+5G対応プランのみに限定

端末費用はどのプロバイダーも同様にかかりますが、BIGLOBEやカシモWiMAXは、分割費用分を割り引くキャンペーンを実施しています。

ただし、端末分割払いが終了する前にサービスを解約した場合、端末残債の精算が必要になるため十分な注意が必要です。

WiMAX +5Gおすすめサービス

5G CONNECT|端末費用がかからないため初期費用が安い

  • 最低利用期間3ヶ月以降は違約金の請求なし
  • 端末がレンタルとなっているため初期費用で端末代金がかからない
  • 月額4,950円(税込)とUQWiMAX*(4,950円(税込)/月)と同額
  • プラスエリアモードの利用料金が無料
  • 法人向け契約開始!複数台申し込みで大幅値引き可能!詳しくはこちら

※2022年4月1日より価格改定により2年契約プランが廃止、全て契約期間なしプランに変更になりました。

\公式サイトを見る/
5G CONNECT

GMOとくとくBB WiMAX|新規でも他社乗り換えでも最安値クラス

  • 当サイト限定リンクからの契約で23,000円(不課税)のキャッシュバック付き
  • キャッシュバック受け取りで実質月額が3,671円(税込)と当サイト掲載WiMAXの中でも非常に安い
  • 他回線からの乗り換えでキャッシュバック金額が増額(最大49,000円(不課税))
  • プラスエリアモード:1,100円(税込)/月
  • 24ヶ月以内の解約違約金:1,100円(税込) 以降は無料(自動更新なし)

\限定リンクから公式サイトを見る/
GMOとくとくBB

BIGLOBE WiMAX|口座振替での安さが魅力

  • 申込月は無料で利用可能
  • 契約期間なしで解約違約金なし!
  • 申し込み翌月に5,000円(不課税)キャッシュバック
  • 公式サイト公開キャンペーンコード利用でさらにキャッシュバック増額
  • 支払い方法は口座振替対応
  • 口座振替の場合でも▲913円(税込)×24ヶ月分の割引があるため実質4,306円(税込)/月とお得
  • プラスエリアモード:1,100円(税込)/月
  • 口座振替手数料:220円(税込)/月
  • 口座振替の場合は端末は代引き一括払いのみ(21,912円(税込)+440円(税込)の代引き手数料)

\公式サイトを見る/
BIGLOBE WiMAX +5G

カシモWiMAX|キャンペーンなしでもシンプルに安い

  • 契約期間なしで解約違約金なし!
  • 申し込み月は一律1,408円(税込)
  • 月額費用がずっと4,378円(税込)で値上がりなし!
  • キャンペーンなしでも3年間の総費用が他プロバイダ比較で最安値クラス!
  • 端末分割払いなら端末費用分が月額費用から割り引かれるため実質端末費用無料!
  • プラスエリアモード:1,100円(税込)/月

\公式サイトを見る/
カシモWiMAX

BroadWiMAX|他社から乗り換え時の違約金を負担

  • 他社WiMAXからの乗り換えにかかる違約金を19,000円(税込)まで負担
  • 実質月額費用が安価(4,494円(税込)/月)
  • オプション同時加入+クレジットカード払いで初期費用20,743円(税込)が無料
  • プラスエリアモード:1,100円(税込)/月

\公式サイトを見る/
BroadWiMAX

デメリット3.契約手段が多くどのプロバイダを選んだらいいかわからない

WiMAXを選ぶ上で一番困るポイントは「どのプロバイダを選べばいいかわからない」ということでしょう。

WiMAXはUQコミュニケーションズ株式会社が提供するサービスで、本家大本は「UQWiMAX」となっています。

しかし、WiMAXに関しては各種MVNOに「販売代理店」という形でサービスを卸しているという理由から、○○WiMAXというサービスが多く存在しているという背景はあまり知られていません。

○○WiMAXというサービス
  • UQWiMAX
  • カシモWiMAX
  • BroadWiMAX
  • BIGLOBEWiMAX
  • VisionWiMAX
  • GMOとくとくBB
  • So-netモバイルWiMAX
  • DTI WiMAX
  • ASAHIWiMAX

など

これら○○WiMAXというサービスに関しては、料金形態や契約期間などが異なるだけで、回線品質に関してはすべて同じです。

みんなの声

○○WiMAXってみんな同じサービスだったのね!てっきりプロバイダごとに品質が違うと思っていたわ…

どのプロバイダも「見かけ上の安さ」を大々的に宣伝しているため、サービスの提供料金を自身で比較検討するのは非常に困難となっていることから、WiMAXサービスを選びにくくしているという現状があります。

河村

エアワイファイマガジンではニーズ別に「おすすめWiMAX」について比較解説しています!

まとめ

以上、WiMAXが一人暮らしに向いている理由について解説してきました。

これまでの内容を今一度振り返ってみましょう。

一人暮らしにWiMAXをおすすめする理由
  1. 実質無制限のインターネット回線が持ち運べる
  2. 通信速度が速くストレスなくインターネットが出来る
  3. au4GLTEと5G回線も使えて通信エリアが広い
  4. 工事不要で最短翌日に端末が届いてインターネットが可能
  5. 引っ越しの際にも解約が不要

WiMAX+5Gに関しては「3日間制限」が撤廃されたため、持ち運び可能なモバイルルーターサービスでは第一選択としてふさわしいサービスになりました。

一人暮らしでモバイルルーター選びにお悩みであれば「WiMAX+5G」を選べば間違いないでしょう。

あなたのポケット型WiFi選びが上手く行くように願っています!

河村

おすすめのWiMAXプロバイダに関しては下記記事もご覧ください!

一人暮らしのインターネット回線選びでよくある質問

一人暮らしでWiMAXなどのポケット型WiFiを契約する際は大学生でも保護者の許可なしに申し込み・契約できますか?

未成年(20歳以下)で成人していない場合はWiMAXをはじめポケット型WiFiサービスの申し込みができないケースが多いです。一部プロバイダでは未成年でも契約が可能となっていますが、不安が大きいようであれば親権者名義で契約する方法をおすすめします。

WiMAXの契約を検討しています。支払い方法ですが、クレジットカードを持っていないので口座振替ができるWiMAXを探しています。対応しているプロバイダはありますか?

口座振替に対応しているWiMAXプロバイダは「UQ WiMAX」「 BIGLOBE WiMAX」「Broad WiMAX」の3社です。詳細についてはこちらのコンテンツをご覧ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

河村亮介のアバター 河村亮介 ポケットWIFI比較専門家

モバイルルーター比較専門家。キャリア・格安スマホに関する知識をはじめ、モバイルWi-Fiルーターや固定回線など通信関連全般に精通し、UQ WiMAX公式メディアへの寄稿など幅広いメディアでの執筆監修を手掛ける。GreenEchoesStudio代表/回線系比較サイトGreenWaves運営。
(著者プロフィールは下記リンクからご覧いただけます)

目次(見たいところをタップ)