フリーwi-fiの危険性とは?無料インターネットの安全性とビジネスにはポケット型WiFi法人契約プランをおすすめする理由

  • URLをコピーしました!

最近では、飲食店やカフェ、図書館や病院といった公共施設で、無料のWi-Fiが提供されるようになりました。

パケット通信量を節約できるため、進んで使用する方も多いでしょう。

また、ビジネスで利用される方に関しては、外出先でも仕事ができるということもあり、積極的に利用している方も多いでしょう。

しかし、フリーWi-Fiには目に見えない危険性があることについてご存知ではない方も多いのではないでしょうか。

この記事では、フリーWi-Fiを使用する際のセキュリティ対策と、フリーWi-Fiの危険性について解説していきます。

大切な個人情報、または事業内容を第三者に漏らさないよう、細心の注意が必要です。

ぜひ最後までご覧ください。

本コンテンツは総務省が公開している「Wi-Fi利用者向け簡易マニュアル(令和2年5月版)」を参考に作成されています。

この記事の執筆・監修者
Kawamura top R

河村亮介(カワムラリョウスケ)

ポケットWiFi比較・通信費節約専門家

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイルルーター選びの専門家。UQ WiMAX公式サイトでの記事執筆経験他、複数の法人メディアでのサイトディレクションや執筆監修も担当。利用者のニーズに沿ったサービス提案が得意。通信費用の削減・節約を進めたい。WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表。

目次(見たいところをタップ)
プラン詳細はこちら▷▷
スクロールできます
サービス名プラン名月間データ上限月額料金サポート支払い方法契約期間端末代金 海外利用
AiR-WiFi
らくらくプラン100GB3,828円
→最大20%オフ
電話
メール
ヘルプセンター
請求書払い
クレジットカード
口座振替
1年間/なしなし
(無料レンタル)
AiR-WiFi
おてがるプラン20GB2,948円
→最大20%オフ
電話
メール
ヘルプセンター
請求書払い
クレジットカード
口座振替
1年間/なしなし
(無料レンタル)
AiR-WiFi
おてがるプラン50GB3,278円
→最大20%オフ
電話
メール
ヘルプセンター
請求書払い
クレジットカード
口座振替
1年間/なしなし
(無料レンタル)
AiR-WiFi
5Gホームルータープラン実質無制限5,280円
→最大20%オフ
電話
メール
ヘルプセンター
請求書払い
クレジットカード
口座振替
1年間/なしなし(無料レンタル)×

安易に無料のフリー wifiスポットを利用してはいけない

2

フリーWiFiスポットは非常に便利ですが、実は情報漏洩リスクが非常に高い場合が多いです。

加えて、自身では対処できないことも多くあるため、いくら便利とは言っても安易に接続してはいけません。

ある程度は後述するセキュリティ対策を実施することでリスクを軽減させることはできますが、無線LAN本体の「プライバシーセパレータ機能」がオフになっている場合、同じWi-Fiに接続されている機器同士の通信が可能となってしまうのです。

「外出先でもパソコンを使って仕事ができるし…」

「今月、もうデータ容量残っていないんだよね」

確かにそういった気持ちは理解できます。

しかし、個人情報や企業の内部情報の流出となれば、会社への損害は計り知れません。

外出先でも安全にインターネットを利用したいのであれば、ポケット型Wi-Fiの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

携帯電話会社の乗り換え不要で、本体をレンタルするだけで簡単に大容量通信を行うことが可能です。

加えて、キャリアのパケットチャージと比べても1GBあたりのデータ単価も非常に安価となっているため、お得に使うことができるでしょう。

フリーwi-fiにおけるセキュリティ対策

3

フリーWiFiを利用する前に意識していただきたいのは、「利用には相応のリスクが伴う」ということです。

それを踏まえた上で、より安全にフリーWiFiを利用するためのセキュリティ対策について見ていきましょう。

フリーWiFi利用時のセキュリティ対策
  1. 提供元がはっきりしている正規のフリーWi-Fiを利用する(アクセスポイントの確認)
  2. httpsから始まるSSL化されたサイトのみ利用する
  3. フリーWi-Fi利用時は個人情報を含むやりとりはしない
  4. 自動接続はオフに設定し「手動」設定に切り替える
  5. VPNを利用する
  6. セキュリティソフトを利用する

提供元がはっきりしている正規のフリーWi-Fiを利用する(アクセスポイントの確認

フリーWiFiを利用する際は、提供元がはっきりしているものを利用しましょう。

多くの場合、フリーWiFiを提供しているのであれば、提供しているフリーWiFiのSSID(Wi-Fiの名前)が公開されています。

公開されている以外のものは、なりすましアクセスポイントの可能性が極めて高いです。

フリーWiFiを利用する時は、SSIDに「Free」や「Public」などが付いていても、提供元がはっきりしないものは利用しない方が良いでしょう。

また、「docomo」などのキャリア名で提供することで騙そうとする場合もあるため、十分注意してください。

httpsから始まるSSL化されたサイトのみ利用する

9c92fa17a88021df3d4861067a4982dd
画像参照:総務省

フリーWiFiを利用する際は、URLが「https」から始まるもののみにとどめましょう。

上記は総務省が公開している資料からの引用です。

ブラウザのURL欄を見ると多くの場合は、「https」から始まっている場合が多くなってきています。

この「https」というのは、SSLといって、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)を利用している証明となり、通信が暗号化されるのです。

プラン詳細はこちら▷▷
スクロールできます
サービス名プラン名月間データ上限月額料金サポート支払い方法契約期間端末代金 海外利用
AiR-WiFi
らくらくプラン100GB3,828円
→最大20%オフ
電話
メール
ヘルプセンター
請求書払い
クレジットカード
口座振替
1年間/なしなし
(無料レンタル)
AiR-WiFi
おてがるプラン20GB2,948円
→最大20%オフ
電話
メール
ヘルプセンター
請求書払い
クレジットカード
口座振替
1年間/なしなし
(無料レンタル)
AiR-WiFi
おてがるプラン50GB3,278円
→最大20%オフ
電話
メール
ヘルプセンター
請求書払い
クレジットカード
口座振替
1年間/なしなし
(無料レンタル)
AiR-WiFi
5Gホームルータープラン実質無制限5,280円
→最大20%オフ
電話
メール
ヘルプセンター
請求書払い
クレジットカード
口座振替
1年間/なしなし(無料レンタル)×

この図が示す通り、利用している機器からWEBサーバーまでの間の通信内容が暗号化されるため、仮に利用している無線LANが暗号化されていない場合でも、悪意のある第三者からの傍受を防ぐことができます。

フリーWiFiを利用する際は、「https」から始まるサイトのみを閲覧するように心がけてください。

Kawamura top R河村

最新のChromeやSafariでhttpのサイトを閲覧しようとすると、「!」マークがついたり、「安全ではありません」などの警告が出てサイト自体が表示されないような仕様になってきています。

フリーWi-Fi利用時は個人情報を含むやりとりはしない

フリーWiFi利用時には、クレジットカード情報や住所、電話番号などの個人情報を含むやりとりはしないようにしましょう。

また、ビジネスで利用している場合は、リモートデスクトップ経由での社内情報へアクセスすることは控えておいた方が無難です。

たとえ暗号化されていたとしても、巧妙な手口で悪意のある第三者から情報を窃取される危険性があります。

また、SNSやメールに関しても同様に覗き見される危険性を孕んでいるため、閲覧は控えた方が良いでしょう。

Wi-Fi自動接続はオフに設定し「手動」設定に切り替える

野良フリーWiFiをキャッチしてしまわないように、不要な時はスマホのWi-Fi機能を「オフ」にしましょう。

街を歩いていると、勝手に知らないWi-Fiに接続されていた、という経験がある方も多いのではないでしょうか。

これはスマホやタブレットのWi-Fi自動接続機能が「オン」になっているためです。

これがオンになっていると、パスワード入力が不要な「危険なフリーWiFi」に勝手に接続されてしまう場合があります。

自宅外でスマホを利用する場合など、Wi-Fi接続が不要な場合は、基本的にWi-Fi接続機能は「オフ」にすることをお勧めします。

Kawamura top R河村

Androidの場合は、画面を上から下にスワイプ、iOSの場合は画面を下から上にスワイプすると、Wi-Fiのオンオフアイコンが出てきます。

VPNを利用する

a88403704003cefaddcb20eae94a42ff
画像参照:総務省

ビジネスでフリーWiFiを使う場合、必ずVPNサービスを利用しましょう。

VPNとは、「Vertual Private Network」の略称となっており、日本語で言うと「仮想専用通信網」となります。

簡単に言うと、専用ソフトを用いて、インターネット通信を丸ごと「暗号化されたトンネル」を通して行うことで、通信の秘匿性を高める仕組みです。

無料のVPNソフトもありますが、やはり信頼性という意味では有料のVPNアプリを使った方が良いでしょう。

Kawamura top R河村

フリーWiFiを利用するのであれば、VPNが最も安全な接続手段だと感がています。個人的には「Google One VPN」を利用しています。

ただし、利用するVPNによっては、海外サーバーを経由するため国内サーバーに置いてあるソフトウェアのアクセスブロックの対象となったり、通信速度が著しく低下するケースもあるため注意が必要です。

信頼性の低い無料VPNでは、暗号化トンネル内での情報搾取例も中にはあるようです。

利用する際は無料のVPNサービスは避けた方が良いかもしれません。

参考:NTTコミュニケーションズ

セキュリティソフトを利用する

最後の砦として機能するのが、セキュリティソフトです。

不正サイトへのアクセス検知やウィルス感染前に当該ファイルを隔離するなど、便利な機能を備えています。

主流はパソコンでの利用でしたが、最近では、「ウィルスバスターモバイル」「ノートン360モバイル」など、有名ウィルス対策ソフトのモバイルアプリ版も登場しているので、必要に応じて導入しましょう。

ソフトによっては、VPN機能が付いているものもあります。

フリー wi-fi の危険性とは

フリーWiFiを利用することで生じる危険は、主に下記の2つに分類することができます。

個人情報の漏洩

  • クレジットカード情報
  • メールやSNSの送信内容
  • サイトのログインIDやパスワード

悪意のあるプログラムへの感染

  • ウィルスによるコンピューターの破壊や第三者への情報送信
  • 端末の遠隔操作
  • 偽サイトへの誘導

これらの被害が生じてしまうのは、フリーWiFiに潜む下記の2つが原因となっていることが多いです。

フリーWiFiの危険性
  • 第三者への情報漏洩(盗聴や覗き見)
  • なりすまし偽アクセスポイントの可能性

第三者への情報漏洩(盗聴や覗き見)

暗号化されていない(パスワードが設定されていない)フリーWiFiの場合、誰でもそのWi-Fiに接続することができるため、第三者への情報漏洩リスクが極めて高くなります。

また、パスワードが設定されている場合でも、そのパスワードが容易に誰もが知りうる状況であれば、パスワードが設定されていない場合とあまり変わりません。

不特定多数が利用する公衆Wi-Fiでは、利用者全員がパスワードを知っている状態にあります。パスワードが知られてしまっている場合、アクセスポイントの通信内容は、条件が整えば比較的容易に解読できてしまいます。加えて、パスワードが分かっていれば、同じ名前(SSID)とパスワードを設定することで、偽のアクセスポイントを設置して、容易に通信内容を盗むことも可能となります。

引用:総務省

また、無線LANルーター側の「プライバシーセパレータ機能*」がオフになっていた場合、たとえパスワード保護されていたとしても、同じSSID内に接続している機器同士の通信が見れる状態となってしまうため、注意が必要です。

よって、VPNを使用する、https通信のみしか接続しない、個人情報を入力しないなどの基本的なフリーWiFi利用知識がないと、情報漏洩してしまうリスクが極めて高くなってしまうのです。

主流となっている暗号化方式は「WPA2」ですが、これ以外にも下記のような認証方式があります。

無線LANの暗号化方式
  • WPA2パーソナル(WPA2-PSK)|ほとんどがこの方式
  • WPA2エンタープライズ(WPA2-EAP)|採用されていない
  • SIM認証(WPA2-AKA)|キャリアのフリーWiFiのみで採用
  • Wi-Fi CERTIFIED Enhanced Open|採用されていない

※WPA3に関しては、Wi-Fi6対応端末が必要となるためフリーWiFiではほとんど普及していません。

この中で最も安心できる暗号化方式は、SIM認証でしょう。

SIM認証(WPA2-AKA)は、携帯電話事業者が提供している方式です。

キャリアスマホの方しか利用できませんが、SIMカードを元に認証を行う方法となっているため、キャリアが提供してるもに限定されますが、安心してフリーWiFiを利用することができます。

WPA2エンタープライズ(WPA2-EAP)の一種ですが、ID等を個別に配付する代わりに、SIMの情報を鍵として利用し、認証や暗号化を行います。対応しているスマートフォンでは、自動でWi-Fiに接続できるため、安全性と共に利便性も高くなっています。

引用:総務省

プライバシーセパレータ機能について:バッファロー株式会社 / IODATA / NEC

なりすましの偽アクセスポイントの可能性

海外でよく見られる手法ですが、フリーWiFiを提供しているカフェなどで、そのSSIDに類似したWi-Fiアクセスポイイントに「なりすまして」提供することで、情報を盗み見ようとするケースがあります。

最悪の場合、乗っ取りや遠隔操作されてしまう可能性や、不正アプリのインストールなどにより、詐欺に利用されたり、クレジットカードを使用されたりすることもあるようです。

そう言った場合でも、セキュリティソフトをインストールしておけば防げる場合もあります。

フリーWiFiに接続する前に、SSIDネームはよく確認するようにしましょう。

外出先でも大容量通信をしたい場合はポケット型Wi-Fiがおすすめ

4

このように、フリーWiFiの利用には、大きなリスクが伴うことがわかりました。

やはり、リスクが伴うものであれば、可能な限り利用することは避けた方が良いでしょう。

そこで当サイトが提案するのが、ポケット型Wi-Fiの利用です。

ポケット型Wi-Fiは、主に下記のメリットがあります。

自分しか利用しないため他人から盗み見られることがない

ポケット型Wi-Fiのパスワードは、契約した本人しか知りません。よって、フリーWiFiとは異なり自分だけしか接続しないため、情報漏洩のリスクがほぼありません。

パケット単価が安い

ポケット型Wi-Fiの単価は、キャリアのパケットチャージ(1,000円(税込)/GB)と比べると非常に安いです。AiR-WiFiの場合、32.7円(税込)/GBで利用することができます。

大容量通信ができる

ポケット型Wi-Fiは大容量通信が可能です。AiR-WiFiなら月間100GB、WiMAX +5Gなら月間実質無制限で利用できます。

持ち運びが容易なためどこでもインターネット通信ができる

ポケット型Wi-Fiは、スマホと同じように持ち運んで利用することができます。よって、いつでもどこでもインターネットを楽しむことができるです。

ポケット型Wi-Fiとは、データ通信端末に通信専用のSIMカードが挿入された小型の無線LANルーターのことを指します。

利用する電波はスマホと同じため、スマホの電波が届く場所であれば利用することが可能です。

ポケット型Wi-Fiは、利用する電波や契約する事業者によって名称が異なりますが、基本的な仕組みはすべて同じだと考えて差し支えありません。

モバイルルーターの種類について解説

当サイトおすすめのポケット型WiFi[PR]

当サイトがおすすめするポケット型Wi-Fiは下記の2つのサービスです。

当サイトおすすめのポケット型Wi-Fi
  • AiR-WiFi
  • 5G CONNECT

両方のサービスともに端末が無料レンタルとなっているため、端末購入費用がかかりません。

また、契約期間なしでの契約も可能となっているため、いつ解約しても違約金がかからないのが特徴です。

お試しで利用したい方にはぴったりのサービスといえるでしょう。

ここでは法人契約のみ記載していますので、個人での契約を検討していただける方は下記から公式サイトをご覧ください。

\月間100GBが3,278円(税込)で使える/
AiR-WiFi

\端末無料実質パケット無制限/
5G CONNECT

こちらもおすすめ!

法人向けタブレット端末|CLOUD AiR-PAD

\クラウドSIM搭載タブレット/
CLOUD AiR-PAD公式サイトを見る▷▷

【月間100/50/20GB】AiR-WiFi (エアワイファイ)|10日間無料お試しが可能

3c454533077a700b7110596c3b3857ab
画像引用:https://wifi-airwifi.com/biz/
月間データ上限

100•50•20GB /月
(らくらくプラン/おてがるプラン)

実質無制限
(5Gホームルータープラン)

月額費用

2,948円(税込)/台〜
契約台数によって値引きあり

契約期間

1年間自動更新 or

契約期間なし

支払い方法

口座振替/請求書払い
/クレジットカード

インボイス制度対応

メリット
  • 10日間無料お試しモニターを利用すれば無料で試用が可能
  • クラウドSIM型のため通信カバーエリアが非常に広い
  • 月額費用が安い
  • 複数台割引で安価に使える
  • 最低契約台数が1台~
  • 端末は無料レンタル
  • 契約期間1年間契約期間縛りなしも選択可能
  • 月間100GB /実質無制限の大容量のほか、月間50G /20GBの小容量が選択可能
  • 定期的に利用法人へヒアリングを行い、サービス内容やサポート体制の見直しを行なっている
デメリット
  • 詳細情報を知るためには情報開示請求が必要
AiR-WiFi法人契約の詳細
サービス名AiR-WiFi
運営会社株式会社FREEDiVE
データ容量100GB/月(らくらくプラン)
50GB /月(おてがるプラン)
20GB /月(おてがるプラン)

実質無制限*/月(5Gホームルータープラン)
通信速度(理論値)下り150Mbps /上り50Mbps(らくらくプラン・おてがるプラン)
下り2.7Gbps /上り183Mbps(5Gホームルータープラン)
種類 クラウドSIM(らくらくプラン・おてがるプラン)
WiMAX +5G(5Gホームルータープラン)
月額料金2,948円(税込)/台〜
契約台数によって割引可能
端末補償660円(税込)/月/台
※紛失まで対応
オプション契約期間なしオプション
330円(税込)/台
海外利用可能(5Gホームルータープランは対象外)
最低契約台数1台
契約期間1年/契約期間なし
初期費用3,300円(税込)/台
利用端末GlocalMe U3(らくらくプラン)
AiR-1(おてがるプラン)
Speed Wi-Fi HOME 5G L12(5Gホームルータープラン)
容量追加不可
回線種別日本国内の4Gネットワーク(らくらくプラン・おてがるプラン)
au 5G/au 4G LTE/WiMAX 2+回線(5Gホームルータープラン)
端末無料レンタル
※解約時は付属品や化粧箱など一式の返却が必要
休止可否不可
支払い方法口座振替|220円(税込)/月(要負担)
請求書払い|手数料330円(税込)/月(要負担)
クレジットカード|手数料無料
※デビットカードの利用は不可
解約違約金2-12ヶ月:2,970円(税込)
13ヶ月目:0円
14-25ヶ月目:2,970円(税込)
26か月目:0円
※契約期間なしオプション追加の場合は解約金なし
解約申請期限当月20日までの解約申請で当月末解約が可能
※一定期間に大容量通信を行った場合、混雑時間帯のみ速度制限が実施される可能性があります。

AiR-WiFは、月間100GBまで利用できるクラウドSIMの仕組みを採用したポケット型Wi-Fiです。

その場所で最適な電波を利用していインターネット接続を行うため、電波が良いのが大きな特徴と言えます。

月間パケット上限に関しても、100GB以外に50GB、20GBも選択可能となっているため事業ニーズに柔軟に対応することが可能です。

複数台契約割引もあることに加えて、端末が無料でレンタルとなっているため、初期費用を抑えてポケット型Wi-Fiをレンタルしたい企業にはぴったりのサービスと言えます。

【月間実質無制限】5G CONNECT WiMAX法人契約

a6d2aeb8904bc12a0362c93bc2a39aab
月間データ上限

実質パケット無制限

月額費用

5,280円(税込)/台〜
契約台数によって値引きあり

契約期間

2年間|自動更新なし or
契約期間なし

支払い方法

口座振替/請求書払い
/クレジットカード

インボイス制度対応

メリット
  • 実質月間パケット無制限でたっぷり使える
  • 10日間無料お試しモニター制度で使用感を確認してから契約できる
  • 複数台割引で最大15%オフ!安価に使える
  • 端末が無料レンタルできるため初期費用が安い
  • 端末はモバイルルーター/ホームルーターから選択可能
  • 契約解除料が安い
デメリット
  • 詳細情報を知るためには情報開示請求が必要
  • 月額費用が若干高額
5G CONNECT WiMAX法人契約の詳細
サービス名5G CONNECT WIMAX
運営会社株式会社FREEDiVE
データ容量実質パケット無制限
※一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、
混雑する時間帯の通信速度を制限する場合があります。
通信速度(理論値)下り2.7Gbps /上り183Mbps
種類WiMAX
月額料金5,280円(税込)/台〜
契約台数によって変動
端末補償660円(税込)/月/台 ※紛失まで対応
オプション契約期間なしオプション
660円(税込)/月/台
海外利用不可
最低契約台数1台
契約期間2年/契約期間なし
初期費用3,300円(税込)/台
利用端末Galaxy 5G Mobile Wi-Fi SCR01
Speed Wi-Fi HOME 5G L11
容量追加不可
回線種別WiMAX 2+/au 4G LTE/au 5G
端末無料レンタル
休止可否不可
支払い方法口座振替|手数料220円(税込)
請求書払い|手数料330円(税込)
クレジットカード|手数料無料
解約費用2年未満:4,400円(税込)
2年以上:0円(自動更新なし)
解約申請期限当月20日までの解約申請で当月末解約が可能
特記事項複数台申し込みで割引あり

5G CONNECT WiMAXは、月間実質パケット無制限感覚で利用できるポケット型Wi-Fiのレンタルサービスです。

5G CONNECTの最大の特徴は、端末がレンタルとなっている点でしょう。

多くのWiMAXに関しては、端末は契約時に購入する形となっているため、導入コストが大きくなりやすいとうデメリットがあります。

どのくらいの期間利用するのか不明な場合は、なかなか導入しにくいのも事実でしょう。

5G CONNECT WiMAXに関しては、端末がすべてレンタルとなっているため、初期費用を抑えてお試しで利用することも可能です。

まとめ

以上、フリーWiFi利用時のセキュリティ対策と具体的な危険性について解説してきました。

便利なフリーWiFiにこんなにたくさんの危険がひそんでいたことをご存知ではない方も多くいらっしゃったことでしょう。

やはり、便利なものにはリスクがつきものです。

ご自身の個人情報を守るためにも、フリーWiFiを利用する際は細心の注意を払ってください。

前項でも解説したように、外出先でも確実に安心してインターネットを利用するのであれば、ポケット型Wi-Fiの利用もぜひ検討してみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

河村亮介のアバター 河村亮介 ポケットWIFI比較専門家

モバイルルーター比較専門家。キャリア・格安スマホに関する知識をはじめ、モバイルWi-Fiルーターや固定回線など通信関連全般に精通し、UQ WiMAX公式メディアへの寄稿など幅広いメディアでの執筆監修を手掛ける。GreenEchoesStudio代表/回線系比較サイトGreenWaves運営。
(著者プロフィールは下記リンクからご覧いただけます)

目次(見たいところをタップ)