ポケットWiFiのおすすめを比較!人気サービスの選び方を徹底解説【専門家監修】

エアワイファイマガジンをご覧いただきありがとうございます。

最近ではテレワーク、在宅勤務が主流となりつつあり、工事不要で気軽に使えて持ち運びも自由にできるポケットWiFiの人気が高まってきています。

ポケットWiFiとは、スマートフォンやパソコンなどの端末とWiFi接続を行ってインターネットをすることができる「持ち運び可能なモバイルルーター」です。

一口に「ポケットWiFi」と言ってもその種類は非常に多く、月額費用や通信容量も様々でどれを選んだらわからないという方も多くいらっしゃるでしょう。

そこで本ページでは「あなたにぴったりのサービス選び」ができるように「選び方の比較ポイント」とおすすめのサービスについてまとめました。

この記事を読んでわかること
  • ポケットWiFiを比較するときに押さえておきたい7つのポイント
  • おすすめのポケットWiFiサービス

本記事では人気8サービスを月額費用、契約期間、通信容量、通信回線、通信速度、端末情報を元に徹底比較を行います。

代表:山本

河村さん、よろしくお願いしますっ!

河村

承知しましたっ!
あなたにぴったりのサービスを提案しますっ!

この記事の執筆・監修者

河村亮介(カワムラリョウスケ)

ポケットWiFi比較・通信費節約専門家

「あなたにぴったりのサービスを」をコンセプトに活動するモバイル回線選びの専門家。徹底した通信速度測定に定評がある。回線系比較サイト「GreenWaves」運営/WEBサイト運営事業GreenEchoes Studio代表

プロフィールを見る▶︎▶︎

目次(見たいところをタップ)

ポケットWiFiおすすめ総合比較ランキング

早速ですが「ポケットWiFiおすすめ総合比較ランキング」 を下記の比較項目表にまとめました。

  1. 料金
  2. 契約期間
  3. エリア
  4. 通信容量
  5. 速度
  6. 同時接続台数
  7. 端末

ランキングは現在特に人気のあるサービス8社を厳選しました。

赤字で示した部分が各ポケットWiFiサービスの注目ポイントとなっています。

スクロールできます
サービス名実質料金契約期間通信容量エリア速度(下り)同時接続端末
1位
BroadWiMAX+5G
4763円(税込)
※1
3年15GB/3日
au4G/5G
WiMAX2+
2.2Gbps
※4
10台
※5
無料
プレゼント方式
2位
AiR-WiFi
3278円 (税込)なし/1年月間100GB
国内LTE回線
150Mbps10台
※5
レンタル方式
3位
UQWiMAX+5G
4197円 (税込)
※2
なし/2年 15GB/3日
au4G/5G
WiMAX2+
2.2Gbps
※4
10台
※5
購入方式
21780円 (税込)
4位
MugenWiFi
3438円 (税込)
※3
なし/2年月間100GB
トリプルキャリア
150Mbps
10台
※5
レンタル方式

※1 24か月間限定月額550円 (税込) 割引適用時
※2 24か月間限定550円 (税込) 割引適用+5000円 (不課税) キャッシュバックを含めて平均額を算出(契約期間2年)
※3 10000円 (不課税 キャッシュバックを含めて平均額を算出(契約期間2年)
※4 SCR01端末の場合
※5 端末によって異なる。U3:10台|U2s,G4:5台|SCR01:10台|L11:30台 

※比較ランキングはAiR-WiFi編集部が厳選した8社から料金、契約期間、通信容量、エリア、速度、機種特徴、端末貸与を総合的に判断し決定しています。

この比較表を見ると、価格だけではなくその他の要素についても非常に重要となっていることがわかります。

同じWiMAXでも提供料金や端末価格について違いがあり、クラウドSIM採用のポケットwifiではサービス内容全体に違いがあることがわかります。

河村

WiMAXは大本はUQコミュニケーションズ株式会社です。
○○WiMAXという名称が多いのは提供するプロバイダが異なるためです。
内容はすべてUQWiMAXに準じていますが、料金プランとキャッシュバックなどの内容が異なります。

おすすめのポケットWIFi

BroadWiMAX|おすすめポイント

  • 3日で15GB制限でも日中の時間帯ならパケット無制限で使い放題!
  • 他社からの乗り換えの際に「違約金負担キャンペーン」がお得!
  • 最新機種も端末代金無料!
  • プラスエリア利用料金が無料!

AiR-WiFi|おすすめポイント

  • 短期間パケット制限なし!月間100GBまで利用可能
  • 日本国内4Gネットワーク対応で幅広いカバーエリア
  • 契約期間縛りなしでは最安値クラス!

完全無制限・使い放題のポケットWiFiは存在しない【注意】

みんなの声

ところで完全無制限のポケットWIFiってどうなったの?

河村

残念ながら存在しません。

WiMAX(ワイマックス)でよく見る文言で「パケット使い放題!」という表現がありますが、決して「完全無制限で使い放題」というわけではありません。

WiMAXに関しては「月間利用パケットの上限がない」だけで、3日で15GB(WiMAX+5Gの場合)という「短期間の通信容量制限」が存在します。

よって、月間換算では150GB以上の利用が可能ですが、結果的に月間利用パケットについても速度制限なく使用できる通信量には上限が設けられていることと同じです。

その他、ソフトバンクエアーやドコモhome5Gなどのサービスも注釈で「ネットワークを占有する大容量通信を行う場合には通信速度に制限がかかる」旨が記載されています。

みんなの声

無制限WiFiって無くなったんだ…!

また、クラウドSIMの仕組みを用いたG社のDWiFiに関しては2020年3月に大規模通信障害を起こし、2020年10月末でサービスを終了しています。

この重大事故以降、クラウドSIMの仕組みを用いたポケットWiFiに関しての信用が落ちてしまったのは事実ですが、クラウドSIMの仕組みそのものに問題があったわけではなく運用方法に問題があったことがAiR-WiFi代表インタビューuCloudlink社の声明により明らかとなっています。

現在ではクラウドSIMの仕組みを採用したポケットWiFiはパケット上限を明記して運営しており、運営方法については問題ないと考えています。

このようにモバイル通信においては「パケット無制限のサービス」は存在しません。

おすすめポケットWIFiの選び方|比較方法を押さえよう

数あるポケットWiFiの中から自分の要望に見合ったサービスを見つけるには、膨大な時間がかかってしまいます。

日々モバイルルーターサービスの種類は増えてきており、自分にぴったりのサービスを探すのは大変ですよね。

みんなの声

たくさんありすぎてどのサービスを選んだらいいかわからない…

みんなの声

おすすめのサービスって具体的にどこがおすすめポイントなの??

河村

ポケットWiFi選びの専門家がおすすめサービスの選び方を紹介します!
まずは比較ポイントを抑えましょう。

本コンテンツではおすすめのポケットWIFiを探すための比較ポイントを以下の7つに分類して比較解説していきます。

おすすめポケットWiFiを選ぶための重要比較ポイント

  1. 料金…月々の支払いはいくらか
  2. 契約期間…契約期間が定められているかどうか。違約金があるか。
  3. エリア…サービスが使用する回線での繋がりやすさはどうか
  4. 通信容量…月々/1日に使えるパケット通信量はどれくらいか
  5. 速度…ストレスなく通信ができるか
  6. 使用機種…最大通信速度や同時接続台数はどうか
  7. 端末…使用機種はレンタルか購入か

「おすすめのポケットWIFi」というとどうしても料金に注目しがちです。

注目すべき順番は、料金>契約期間>エリア>通信容量>速度>機種の順で重要です。

それ以上に重要となってくるのは「サービスの信頼性」です。

本記事に掲載しているサービスはすべて信頼できるサービスとなっているため問題ないでしょう。

キャンペーンにより割引やキャッシュバックも重要な要素ですが、最も重要なのは「実際にそのサービスがあなたの要望に合っているかどうか」ということです。

比較基準として端末種類や速度に関して重要視されることもありますが、ここではサービスの違いは出にくいです。

比較する際に重要ではない点

端末:端末で重要視する点は「同時接続数」や「液晶の有無」であり、根本的な通信速度理論値などは重要ではありません。例え驚異的な最高速度が出る端末であっても、実際のサービス提供時の速度がそれ以下となっている場合が多く端末の違いによって速度の速い遅いは決まりません。

速度:重要となっているのは「実測値」であり、「記載されている理論値」ではありません。速いことに越したことはないですが、だいたい10Mbps程度の速度が出ていれば実際使っていて困ることはないでしょう。

ここからはポケットWIFiを選ぶ上での重要ポイントを順に紹介していきます。

WiMAX+5G

待望の5G対応でさらに使いやすく!3日/15GB制限中も日中はパケット無制限で使い放題

おすすめサービスはBroadWiMAXです。

BroadWiMAX

【AiR-WiFi】

月間100GBが最安値クラス!短期間制限がないためたっぷり使える!

AiR-WiFi

料金プラン|相場はどれくらい?

ポケットWiFiの契約には下記の料金がかかります。

  • 契約事務手数料|初回のみかかる手数料
  • 月額費用|月々にかかる利用料金

ここにキャッシュバックキャンペーンや〇〇ヶ月割引、期間限定初期費用無料などの特典が加わることが多いでしょう。

また、契約期間が定められているものもあるため、すべてのサービスを同一条件で比較するためには「実質月額費用」で比較する必要が出てくるのです。

総額を契約月で割った時の月額費用
=実質月額費用

料金の相場は月間使用できる通信容量によって異なります。

一般的には月間使用できる通信容量が大きい方が1GBあたりのデータ単価が安価となる傾向があり、通信容量が小さいほどデータ単価は高くなる傾向があると考えてもいいでしょう。

(月間通信量別の料金相場は下の表を参照)

通信容量料金相場データ単価
(1GBあたり)
20GB ※12,208円110円
50GB ※22,969円59円
100GB ※33,775円38円
200GB ※45,060円25円
300GB ※54,675円16円
WiMAX+5G ※64,777円
相場料金のため(税込)表記はしておりません

※1 どこよりもWiFi・ギガゴリWIFiワールド・ぴたっとWiFi・ゼウスWiFi20GBプラン(契約期間あり)の平均額
※2 どこよりもWiFi・Ex WiFi・ギガWiFi・ぴたっとWiFi50GBプラン(契約期間あり)の平均額
※3 AiR-WiFi・ぴたっとWiFi・Ex WiFi・ギガWiFi・MugenWiFi・NC WiFi・ポケットモバイル・クイックWiFi・それがだいじWiFi・地球WiFi100GBプラン(契約期間あり,複数プランがある場合は最安値のもの)の平均額
※4 どこよりもWiFi・ギガゴリWiFiワールド・hi-ho Let’s Wi-Fi200GBプラン(契約期間あり)の平均額
※5 フジワイファイ(契約期間なし)・限界突破wifi(契約期間あり)・DoRACOON(契約期間なし)の平均額
※6 UQWiMAX・カシモWiMAX・BroadWiMAX(契約期間あり/WiMAX+5Gプラン)の平均額

みんなの声

月間使えるパケット上限が大きいほどデータ単価が安いのですね!

河村

その通りです!
人気となっているのが短期間制限のない月間100GBのプランです。
WiMAX+5Gは3日で15GB以上使用すると最大1Mbpsの速度制限がかかります。
制限は18時~2時の間で、制限中でも2時~18時の間はパケット無制限です。

ランキング上位の月額料金を見ていきましょう。

サービス名月額料金相場
BroadWiMAX+5G4,763円 (税込) 4,777円
AiR-WiFi3,278円 (税込) 3,775円
UQWiMAX+5G4,197円 (税込) 4,777円
MugenWiFi3,293円 (税込) 3,775円

このように上位サービスに関してはすべて相場価格よりも安価となっており、お得となっていることがわかります。

WiMAX+5Gでは実質価格ではUQWiMAXが安価となっていますが、端末代金が21,780円 (税込) かかってしまうため初回費用負担が大きくなってしまいます。

そういった点ではBroadWiMAXの方が端末代金は0円、中途解約時でも端末代金の請求がないため良心的な価格と言えるでしょう。

AiR-WiFiとMugenWiFiでは、キャッシュバックなしで月額3278円 (税込) ~利用できるAiR-WiFiの方が価格的には有利となっています。

契約期間は1年?2年?|縛り期間や違約金・自動更新の有無を確認

ポケットWiFiの契約は「契約期間」が定められているものが多いです。

みんなの声

契約期間って…違約金がかかるってこと??

「契約期間あり」とは?
一定期間の契約継続を条件に月額料金を割引する仕組み。指定期間内に解約すると契約に反したということで違約金(解約金)の請求がある。

この契約期間はサービスによって1年~3年となっており、指定期間内に解約すると発生する違約金(解約金)の金額も様々!

契約期間が満了する月を「更新月」といい、この月だけは契約解除料が無料となります。

多くの場合自動更新制になっており、解約などの手続きを行わない限りは自動的に再度契約期間ありのプランが継続される場合が多いです。

自動更新なしのサービスの場合、契約期間満了以降は違約金の請求はありません。

サービス名契約期間自動更新
BroadWiMAX+5G3年あり
AiR-WiFiなし/1年あり
UQWiMAX+5Gなし/2年選択制
MugenWiFiなし/2年なし

まずはMugenWiFiとAiR-WiFiを例に上げましょう。

MugenWiFi(2年契約)|自動更新なし

(実質3,293円 (税込) /月)

  • 契約後30日間:無料
  • 2か月目-12か月目の解約:9900円(税込)
  • 13か月目-24か月目の解約:5500円(税込)
  • 25か月目(更新月):0円
  • 26か月目以降(自動更新なし):0円

※返却処理手数料として1,100円(税込)+送料が発生。使用容量が20GBを超えた場合、9,900円(税込)の解約費用がかかる+端末未返却の場合、翌月~24か月×1,760円(税込)の費用が発生

端末費用:レンタルのため無料

契約期間なしオプション:+660円 (税込) /月→月額4,378円 (税込)

AiR-WiFi(1年契約)|自動更新あり

(3,278円(税込)/月~)

  • 契約後30日間:無料
  • 2か月目-12か月目の解約:7700円(税込)
  • 13か月目(更新月):0円
  • 14か月目-25か月目:5500円(税込)
  • 26か月目(更新月):0円

※返金事務手数料1,100円(税込)+クリーニング・メンテナンス費用2,200円(税込)+送料が発生。30日以内に50GBを超える回線利用料が確認された場合には、7,700円(税込)の通常解約費用がかかる。

端末費用:レンタルのため無料

契約期間なしオプション:+330円(税込)/月

月額3,608円 (税込)

(月間100GB縛りなし最安値クラス)

契約期間が短い方が中途解約時の違約金支払いリスクを減らすことが出来ます。

上記2つを比べると1年目の解約違約金ではAiR-WiFiの方が安価となっていることから、AiR-WiFiの方が使い勝手が良いと言えます。

続いてUQWiMAXとBroadWiMAXを比べていきます。

UQWiMAX(2年契約)|自動更新あり

(実質4,197円(税込)/月)

  • 1か月目-24か月目の解約:1100円(税込)
  • 25か月目(更新月):0円
  • 以降24か月ごとの自動更新

端末費用:21,780円(税込)

BroadWiMAX(3年契約)|自動更新あり

(実質4,763円(税込)/月)

  • 1か月目-12か月目の解約:28,050円(税込)
  • 13か月目-24か月目の解約:21,450円(税込)
  • 25か月目以降:14,300円(税込)
  • 37か月目(更新月):0円
  • 更新月以降:10,450円(税込)

端末費用:0円

このようにUQWiMAXが違約金が1100円(税込)となっているのに対し、BroadWiMAXは最大3万円近くの違約金がかかることがわかります。

月額費用ではUQWiMAXが安価となっていますが、初期費用として端末購入が必要となるため、一時的な費用負担が大きくなってしまうことがデメリットでしょう。

始めやすさという点では費用負担がないBroadWiMAXの方が優れていると言えます。

一時的な金額負担が問題ないというのであればUQWiMAXの方が良いでしょう。

河村

WiMAX+5Gについては今後主力となるサービスと考えられるため、契約期間が長くても気にすることはないでしょう。

通信回線が利用可能なエリアと電波

各サービスでは利用する回線が異なっています。

ドコモ・au・ソフトバンクのキャリア回線であれば人口カバー率は99%以上となっているため、使用できないエリアというのは少ないです。

しかし、繋がりやすさという点では各社の電波が持つ性質により差が出てきます。

電波は「周波数」が高いほど直進しやすい傾向があり、障害物に対しても回り込みにくくなる性質があり、逆に周波数が低いほど障害物に対して回り込みやすくなる傾向があります。

スクロールできます
周波数帯特性使用事業者
超高周波数
3.7GHz~
特に電波の直進性が強く
屋内で繋がりにくい/速度は速い
WiMAX+5G
(au5G)
高周波数
2.3~3.7GHz
電波の直進性が強く
屋内で繋がりにくい/速度は速い
WiMAX2+
ドコモ
au
ソフトバンク
ワイモバイル
中周波数
1.5-2.1GHz
高周波数と低周波数の中間の
性質を持つ
ドコモ
au
ソフトバンク
楽天モバイル
低周波数
700-900MHz
屋内でも回り込みがあるため
繋がりやすい/速度は遅い
ドコモ
au
ソフトバンク

この性質により、MugenWiFiやAiR-WiFiが採用しているクラウドSIMは繋がりやすさという点では他サービスより優れていると言えます。

また、使用する電波もプラチナバンドが含まれているため屋内でも繋がりやすいメリットもあります。

WiMAX+5Gに関しては、標準でauのメイン回線(中周波数帯)で通信が可能となっており、低周波数帯に比べると繋がりやすさは劣りますが十分な速度で通信が出来ます。

サービス名エリア
BroadWiMAX+5G◎au4G/5G
△WiMAX2+
AiR-WiFi◎国内キャリア
UQWiMAX+5G◎au4G/5G
△WiMAX2+
MugenWiFi◎トリプルキャリア

月々に使えるパケット容量を確認|通信制限後の速度は?

ポケットWiFiを選ぶ際に重視したい項目の一つが「月間どれくらい通信が出来るか」という点です。

おおよその通信量の目安は下記のようになっています。

スクロールできます
項目どれくらいできるか
LINELINEトーク|2KB/回→1GB/52.4万回
LINEでんわ|1GB/55時間
LINEビデオ通話|1GB/3.25時間
メール500KB程度のメール|1GB/約2,900通
WEBサイト閲覧300KB/1ページ|1GB/約3,490ページ
音楽ストリーミングAWA(Normal)=50MB/時間|1GB/20時間
YouTubeなどの動画Youtube(標準画質)=320MB/時間|1GBで3.125時間
Zoom会議Zoomグループチャット=700MB/時間|1GBで1.42時間

月間100GBの容量があればYouTube標準画質であれば300時間以上、Zoomを用いてのオンラインビデオ会議は142時間行うことが出来ます。

みんなの声

大容量の方がデータ単価が安いけど…どれくらいがちょうどいいのかしら?

河村

月間100GBの大容量があれば大抵の方は十分満足できるでしょう。

また、指定上限容量を超過すると速度制限がかかります。

制限後の速度はサービスによって異なりますが、実用的に使用できる速度は1Mbpsまでです。

それ以下の通信速度の場合は使用することに非常にストレスがかかるででしょう。

これを踏まえておすすめサービスの通信容量と制限後速度を見ていきましょう。

スクロールできます
サービス名通信容量制限後速度
BroadWiMAX+5G月間150GB以上3日で15GB超過時、超過後翌日の
18時-翌2時の間最大1Mbpsの速度
制限
AiR-WiFi月間100GB月間100GB超過後、翌月1日まで
最大128Kbpsに制限
UQWiMAX+5G月間150GB以上3日で15GB超過時、超過後翌日の
18時-翌2時の間最大1Mbpsの速度
制限
MugenWiFi月間100GB月間100GB超過後、翌月1日まで
最大128Kbpsに制限

WiMAX+5Gに関しては、直近3日間の合計通信量が15GBを超えると、その翌日の18時~翌2時まで最大1Mbpsの速度制限がかかります。

通信量は1日経過するごとに1日ずつリセットされていくため、使用パケットをセーブすることで速度制限が解除されます。

河村

WiMAX+5Gは速度制限中であっても2時~18時の間は速度制限対象外となっています。
よって、その時間帯であれば快適速度でパケット無制限でインターネットが出来ます。

MugenWiFiとAiR-WiFiについては、月間100GB以上使用すると最大128kbpsの速度制限がかかり、翌月1日0時~9時に行われる通信容量のリセットを待つ以外に速度制限を解除する方法はありません。

河村

制限後の速度は非常にストレスが強く使いにくいため、月間100GB以上使用する場合はWiMAX+5Gの方が良いでしょう。

通信速度の違いについて

通信速度と表記されている値はあくまでも「理論上の最大速度」となっており、実際にその速度で通信ができるわけではありません。

通信速度は使用する環境や時間帯などの様々な要素によって絶えず変化するもので、一概に「このくらいの速度で通信できる」とは言えません。

よって、通信速度は「ベストエフォート方式」と呼ばれる理論値で記載しています。

サービス名理論上の速度(下り/上り)
WiMAX+5G最大2.7Gbps/183Mbps
AiR-WiFi 150Mbps/50Mbps
MugenWiFi 150Mbps /50Mbps

サービスの最大速度を見ればWiMAX+5Gが圧倒的に高速通信が可能と言う風に捉えてしまいやすいです。

河村

重要なのは実測値です。

実際の通信速度計測データが下記の数値になります。

サービス名実際の速度(下り/上り)
WiMAX+5G69.55Mbps/12.86Mbps
AiR-WiFi27.18Mbps/8.75Mbps
MugenWiFi12.81Mbps /7.81Mbps
数値はGreenWaves参照(WiMAX+5G/AiR-WiFi/MugenWiFi

Zoomでのビデオ会議が下り上り共に3Mbps程度の速度が出ていれば問題なく実施できることを考えると、上記サービスでは通信速度の面で使用する上で問題となることは少ないでしょう。

河村

WiMAX+5Gに関してはすべてのサービスが同様通信回線を用いているためサービスによって差はありません。
クラウドSIMに関しては各社で運用方法が異なるため通信速度が異なる可能性があります。

使用する機種の通信速度や同時接続台数をチェック

続いて使用端末について確認しましょう。

前述の通り端末に記載されている通信速度は「理論上の速度」となっているため、最大通信速度の数値が良いことがすべてではありません。

ポケットWiFiの機種選びで注目したい部分は同時接続数です。

ポケットWiFiは大容量通信が可能となっているため、使用方法によっては固定回線の代用としても使える可能性があり、自宅で使用する際にはどれだけ多くの機器に同時につなげるかということが需要になってきます。

自宅で接続する機器の例
  1. スマートフォン
  2. タブレット
  3. パソコン
  4. スマートデバイス(アレクサなど)
  5. テレビ
  6. 見守りカメラ
  7. 電子レンジ
  8. エアコン

など

河村

単身世帯の場合、同時接続数は10台程度で問題ないでしょう。
それ以上の場合はWiMAX+5Gのホームルータータイプ(L11)がいいでしょう。

スクロールできます
サービス名使用端末(接続台数)速度(下り/上り)
WiMAX+5GSCR01(10台
L11(30台
2.2Gbps/183Mbps
2.7Gbps/183Mbps
AiR-WiFiU3(10台)
u2s/G4(5台)
150Mbps/50Mbps
MugenWiFiU3(10台)
G4(5台)
150Mbps/50Mbps

端末費用|レンタルか購入か

ポケットWiFiサービスで利用する端末については4つの使用方式あります。

レンタル方式|端末をサービス提供元から借りる方式。レンタル費用は無料となっているケースが多く、サービス解約時は端末の返却が必要。返却時に付属品がそろっていなかったり端末に不具合がある場合は弁済金を払う必要がある。

購入方式|サービス開始時に利用端末を購入する。代金は一括払いもしくは分割払いが選択できるケースが多い。サービス解約時は端末は自分の手元に残るが再利用できずに持て余すケースも多い。

条件付き購入方式|端末代金は実質的には無料となっているが、指定契約期間内に解約した場合に端末代金が請求される。サービス解約時は端末は自分の手元に残るが再利用できずに持て余すケースも多い。

無料プレゼント方式|特に条件を付けることなく、サービスで使用する端末をあらかじめプレゼントする。最も良心的な方式。

サービス名端末
BroadWiMAX+5G無料プレゼント方式
AiR-WiFiレンタル方式
UQWiMAX+5G購入方式(21780円)
MugenWiFiレンタル方式
みんなの声

一番お得に端末が使えるのはどの方式ですか?

河村

サービスを解約しても購入した端末を再利用するケースはほとんどないため、レンタル方式もしくは無料プレゼント方式のサービスが良いでしょう。

BroadWiMAXとAiR-WiFi|人気サービスをさらに比較!

これまでに紹介してきた「BroadWiMAX」と「AiR-WiFi」について、さらに詳細に比較していきましょう。

ここではあえて2つのサービスに比較対象を絞ることでより詳細な部分を見ることができます。

スクロールできます→

ポケットWiFiBroad WiMAXAiR-WiFi
実質月額料金
(税込)
4,763円(税込)3,287円(税込)~
月額料金詳細

1ヶ月目(契約月):4,763円(税込)の日割
2ヶ月目~24か月目: 4,763円(税込)
25か月目~36か月目:5,313円(税込)

1ヶ月目(契約月)~:3,287円(税込)
キャンペーン月額550円(税込)割引(25か月間) &
キャッシュバックキャンペーン
30日間返金保証&
契約期間なしオプション
+安心オプション

→月額330円(税込)割引
下り速度2.2Gbps150Mbps
上り速度183Mbps50Mbps
連続
通信時間
測定中約12時間
月間
データ容量
150GB以上(実質無制限)
3日15GB超過で制限
100GB
利用可能
回線
WiMAX2+
auLTE/5G
auLTE
docomoLTE
SoftbankLTE
端末発送最短当日最短即日
端末プレゼント(購入価格は無料)レンタル(料金は無料)
その他特徴

今後普及が期待される
5G周波数に
対応

海外でも利用可能
BroadWiMAXより
短期の1契約
LTE回線なので
移動・建物・地下鉄
にも強い
サイト BroadWiMAXAiR-WiFi

上記がBroadWiMAXとAiR-WiFiの比較表です。

まずはBroadWiMAXのほうから見ていきましょう。

使い放題無制限が良ければBroadWiMAX

画像:https://wimax-broad.jp/

BroadWiMAXのWiMAX+5Gをおすすめしたい方の条件は下記の通りです。

WiMAX+5Gをおすすめしたい人
  • 海外利用予定がない
  • 今後の5G対応に期待したい
  • 多少月額費用が高くても日中のパケット無制限が魅力的

実はこのBroadWiMAXは元々はUQコミュニケーションズ株式会社がリリースしている「UQWiMAX」を株式会社リンクライフが販売しているだけですので、品質としては本家UQWiMAXと全く変わりはありません。

よって、電波の届くエリアや端末、料金プラン等はUQWiMAXに準じており、本家とは異なる=比較ポイントとなるのは月額料金とキャンペーン、契約期間です。

そんな中でBroadWiMAXをおすすめポイントは下記の通りとなります。

他社からの乗り換えの際に「違約金負担キャンペーン」がお得!

→BroadWiMAXでは、固定回線など他社サービスからWiMAXへ乗り換える際に発生する違約金を代わりに支払ってくれる「違約金負担キャンペーン」を実施しています。最大19,000円(非課税)まで負担してくれるため、更新月を待たずに乗り換えることが出来ます。

WiMAX+5Gでさらに使いやすく!日中だけなら速度制限中でも使い放題

→WiMAX+5Gになったことで、5G電波に対応しただけでなく、標準でauメイン回線で通信できるようになったため繋がりやすさが格段に改善しました。また、短期間制限も3日間で15GBに緩和されたためさらに使いやすくなりました。速度制限中も2時-18時の間は対象外となっているため、日中だけであればパケット無制限で使い放題です。

最新機種も端末代金無料!

→BroadWiMAXでは最新機種の端末代が無料でプレゼントとなっています。本家UQWiMAXでは実費購入となっており、他社でも端末無料プレゼントとなっているところがありますが、契約期間内の解約では全額負担となるケースもあります。BroadWiMAXではその心配もなく端末は完全無料です。

プラスエリア利用料金が無料

本家UQWiMAXでは通常1,105円(税込)/月が発生する「プラスエリアモードオプション」の利用料金が無料!月間15GBまではauのもっと繋がりやすい電波で通信が可能です。(15GB超過後は通常モードのみ利用可能です)※auLTEプラチナバンドを利用できるモード

それではひとつずつ解説していきましょう。

ポイント1:他社からの乗り換えで違約金負担!

BroadWiMAXではキャンペーン期間中に他社サービスから乗り換えると、他社サービス解約で発生する違約金を最大19,000円(非課税)まで負担してくれます。

対象サービスはWiMAXなどのポケットWIFiだけでなく、固定回線やケーブルTVなどのインターネット回線サービスからの乗り換えも対象です。

口座振替での申込ではキャッシュバックの対象にはならないため注意が必要です。
キャッシュバックの対象となるのは「違約金」のみとなっており、端末分割代金や工事残債などはキャンペーンの対象外となります。

河村

契約期間ありのサービスを契約している人も気軽に乗り換えが出来ますね!

ポイント2:WiMAX5G対応でさらに使いやすく

2021年秋からWiMAX2+の周波数帯域を半分に減らし、5G帯域へ転用することがアナウンスされており、今後はWiMAX+5Gが主力サービスとなってくることが考えれます。

BroadWiMAXではWiMAX+5Gに対応した「ギガ放題プラスプラン」を申込むことが可能です。

河村

WiMAX+5Gの魅力は「5G対応」だけではありません。

WiMAX+5Gの魅力は下記の2つです。

・3日で10GB制限15GBに緩和された
→たっぷり使えるようになった
標準でauLTE回線(auメイン回線)で通信できるようになった
→屋内でも繋がりやすくなった

従来のWiMAX2+の電波は屋内では通信速度が出にくく繋がりにくい印象でしたが、WiMAX+5Gからは標準でauのメイン回線で通信できるようになったため屋内での繋がりやすくなりました。

ポイント3:最新機種も端末代金0円で利用可能

BroadWiMAXなら端末代金の支払いがありません。

サービス名端末代金
UQWiMAX購入
21,780円
カシモWiMAX無料
3年以内解約時は
25,000円 (税込) 請求
BroadWiMAX無料
解約条件なし

上記のように他社と比較してもデメリットがありません。

やはり端末代金がかからないのは申し込む上での初期費用が少なくて済むため、非常に良心的ですね。

ポイント4:プラスエリア利用料金1,105円 (税込) が無料

WiMAX+5Gでは通常モードに加えて、「プラスエリアモード」がオプションで使用できます。

モード詳細
スタンダード
追加料金なし
WiMAX2+
au4GLTE
au5G
が使用可能
ハイスピードプラスエリア
UQWiMAXでは月額+1,105円 (税込)
→BroadWiMAX
なら無料
上記に加えて
au4GLTE
プラチナバンド
が利用可能

ハイスピードプラスエリアモードは通常の周波数に加えて、地下鉄でも繋がりやすいプラチナバンドと呼ばれるauのメイン回線で通信が可能となるオプションサービスです。

UQWiMAXでは月額1,105円 (税込) の利用料金がかかりますが、BroadWiMAXではなんと無料!

月間15GBまでプラチナバンドを使うことが出来ます。※プラスエリアモードで15GB以上使用した場合はスタンダードモードのみ使用可能です。

ここまでがWiMAXサービスでイチオシのBroadWiMAXの説明となります。

月間100GBたっぷり使いたい人はAiR-WiFi

画像:https://wifi-airwifi.com/

ここからはクラウドSIMの仕組みを使った月間100GBまでたっぷり使えるAiR-WiFiの詳細について解説していきます。

AiR-WiFiをおすすめしたい人の条件は下記の通りです。

AiR-WiFiをおすすめしたい人
  • 短期間の通信容量制限を気にしたくない
  • カバーエリアは広い方がいい
  • 契約期間は縛りがない方がいい

AiR-WiFiはクラウドSIMという通信方式を採用しており、日本国内の4Gネットワークを使って通信が可能です。

WiMAXでは追加料金のかかる「プラスエリアモード」で使える「プラチナバンド」についても標準で使用できるため、広いカバーエリアに加えて繋がりやすさという面でも魅力的となっています。

短期間パケット制限なし!月間100GBまで利用可能

AiR-WiFiでは「3日で〇〇GBまで」などの短期間の通信容量制限がありません。あるのは「月間100GBまで」という制限のみです。よって、1日10GBでも15GBでも使うことが出来ます。短期間に集中的に使いたいというケースでも対応することが出来ます。

日本国内4Gネットワーク対応で幅広いカバーエリア

→AiR-WiFiは「クラウドSIM」という仕組みを採用しているため、日本国内の4G回線からその場所でもっとも繋がりやすい電波を選択して通信することが出来ます。よって、カバーエリアが抜群に広いため繋がりやすい特徴があります。

契約期間縛りなしでは最安値クラス!

→AiR-WiFiは通常は1年契約ですが、「契約期間なしオプション」を付与(月額+330円 (税込))することで 「縛り期間なし」で利用することが出来ます。月間100GBまで使えるクラウドSIMの仕組みを用いたポケットWiFiでは最安値クラス(3,608円(税込))となっています。

端末が無料でレンタルできる!

使用する端末は無料でレンタル可能なため、サービス開始時の出費が少なくて済むため始めやすいサービスとなっています。

※2021年7月時点

早速解説していきます。

ポイント1:3日で10GB制限なしで月間100GBまで使える

AiR-WiFiのメリットとして注目されるのが「短期間の通信制限がない」ということです。

WiMAX2+では3日で10GB、WiMAX+5Gでは3日で15GBを超過すると、翌日の18時-2時の間に通信制限がかかってしまいます。

よって、夜間の時間帯など「特にインターネットを使いたい時間」に制限がかかって使いにくいというデメリットが挙げられます。

そういった点では、AiR-WiFiには短期間の通信容量制限がないため、インターネットを使いたい夜間帯でもストレスなくインターネットを楽しむことが出来ます。

ポイント2:クラウドSIM採用!日本国内の4Gネットワークに対応でカバーエリアが広い

画像:https://greenwaves.jp/wifi/airwifi_interview/

AiR-WiFiは「クラウドSIM」という仕組みを用いたサービスです。

通常は端末に「物理SIMカード」と呼ばれる通信チップを入れてインターネット接続を行いますが、クラウドSIMでは「ダウンロードした仮想SIM」を用いて通信するのが特徴となっています。

よって、日本国内の4G回線を用いてインターネット接続ができるため、通信エリアが広いという特徴があります。

また、WiMAX+5Gではオプションとなっている「プラチナバンド」での通信も追加料金なしで標準で利用できるのも魅力的です。

ポイント3:契約期間縛りなしも選択可能で月額料金が安い

AiR-WiFiは月額3,278円(税込)~利用可能です。

通常契約期間は1年間となっており、更新スケジュールと違約金は下記のようになっています。

AiR-WiFi(1年契約)|自動更新あり

(3,278円(税込)/月~)

  • 契約後30日間:無料
  • 2か月目-12か月目の解約:7,700円(税込)
  • 13か月目(更新月):0円
  • 14か月目-25か月目:5,500円(税込)
  • 26か月目(更新月):0円

※返金事務手数料1,100円(税込)+クリーニング・メンテナンス費用2,200円(税込)+送料が発生。30日以内に50GBを超える回線利用料が確認された場合には、7,700円(税込)の通常解約費用がかかる。

ここに「契約期間なしオプション(+330円(税込)/月額)」を追加することで、いつ契約しても違約金がかからない「縛りなしプラン」に変更することが出来ます。※最低契約期間は1か月

月額3,608円(税込)で縛りなしで利用できるのは月間100GBまで使えるクラウドSIM採用のモバイルルーターでは最安値クラスとなっています。

スクロールできます
プラン名サクッとプラン
3,278円(税込)
まるっとプラン
3,608円 (税込)
らくらくプラン
3,377円 (税込)
契約期間なし
オプション
+330円 (税込) /月+330円(税込)/月+330円 (税込) /月
合計金額3,608円(税込)
業界最安値クラス
3,938円(税込)3,707円(税込)
使用端末U2s(液晶なし)
5台まで接続可能
G4(液晶あり)
5台まで接続可能
U3(液晶なし)
10台まで接続可能
※2021年7月時点において

ポイント4:端末代金負担0円で利用可能

AiR-WiFiの端末は完全レンタル方式となっており、端末のレンタル費用は無料です。

端末自体を購入する必要がなく、解約した際も端末が手元に残らないため、解約後の端末の扱いに困ることもありません。

また、中途解約時でも端末代金精算の心配もない点でも安心して利用できますね。

まとめ

以上、ポケットWIFIの選び方とおすすめのポケットWiFiサービスについて紹介してきました。

みんなの声

これで安心してポケットWiFiを契約できそう…!!

おすすめのポケットWIFi

BroadWiMAX|おすすめポイント

  • 3日で15GB制限でも日中の時間帯ならパケット無制限で使い放題!
  • 他社からの乗り換えの際に「違約金負担キャンペーン」がお得!
  • 最新機種も端末代金無料!
  • プラスエリア利用料金が無料!

AiR-WiFi|おすすめポイント

  • 短期間パケット制限なし!月間100GBまで利用可能
  • 日本国内4Gネットワーク対応で幅広いカバーエリア
  • 契約期間縛りなしでは最安値クラス!
河村

あなたにぴったりのサービスを選んで下さいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(見たいところをタップ)
閉じる